達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

不屈のプロゴルファーが教える、ありがとうのゴルフ

スポンサーリンク

明日から、ノジマチャンピオンカップ

箱根シニアプロゴルフトーナメントが始まり、

いよいよ今年のシニアツアーの開幕です。

 

シニアプロと言えば、

私には忘れられない一人のプロゴルファーがいます。

 

 

その名は、古市忠夫。

 

f:id:t6911:20170419130513p:plain

 

59歳11カ月の2000年、日本プロゴルフ協会資格認定

プロテストに、史上2番目の年齢で合格した

努力と執念のプロゴルファーです。

 

プロになってからの主な戦績は、

 

2002年、関西プロゴルフグランドシニア選手権 優勝

2005年、日本プロゴルフグランドシニア選手権 優勝

2011年 日本プロゴルフグランドシニア選手権 優勝

 

など、目覚ましい活躍を見せています。

 

では、なぜ彼が、その年齢でプロを目指したのか?

 

大きなドラマがありました。

 

立命館大学を卒業した彼は、しばらくして、神戸市で

カメラ店を開業、妻と二人の娘と、つつましくも

幸せな人生を送っていました。

 

友人に誘われ、始めたゴルフが唯一の趣味、

地道な練習と研究心で、メンバーである大神戸ゴルフ倶楽部では

幾たびも、クラブチャンピオンになるほどの腕前に・・・

 

そんな生活を一変させたのが、

1995年1月17日の、あの阪神淡路大震災です。

 

彼の経営するカメラ店は、特に被害が大きかった長田区にあり

自宅も店舗も全焼。

 

見る限り、ガレキだらけの町で、

町内会長だった彼は、町の復興のために、日夜、奔走します。

とても、自分の生活の事など考える余裕は全く無かったのです。

 

 

そして、震災から3週間ほど経ったとき、自宅から離れた

駐車場に止めてあった自分の車が焼けていないことを知ります。

 

そして、車のトランクを開けてみると、愛するゴルフクラブがバッグごと

無傷で、そのまま入っていたのです。

 

それを見たとき、体に電流が走ったような衝撃を受け、

【お前のこれからの人生、これでやってみろ】と言われたような気がする

と彼は言います。

 

それを知ったゴルフ仲間や周りの住民からの勧めもあり、

彼はついにプロテストに挑戦を決めます。

 

自分達やこの町の願い、希望を自分に託したのだと

彼は知っていました。

 

そして、震災から5年後、ついにプロテストに合格、

 

何か見えない力が自分を押してくれたと、

後日、彼は語りました。

 

 

 

f:id:t6911:20170419130846p:plain

 

そして彼はこうも語っています・・

 

「以前は、人間は才能や努力、あとは運や、と思っていたんです。

でも震災が起こってもっと大事なものがあることに気が付いた。

 

それは、人を労わる心、積極性、勇気、友情、そして感謝です。

 

今までは、ゴルフやれるのも当たり前やと思っていたけど

ゴルフができることへの感謝が生まれてきた・・・」 と。

 

 彼は、コースに入るときと、コースを去るとき、

必ず、コースに向かって深々とお辞儀をします。

 

ゴルフが出来ることへの感謝、ありがとうのゴルフです。

 

 

昨年末に【ゴルフ侍,見参!】という、テレビ番組で

「最近、ドローに変えて、前より飛ぶわー」と、明るく語り、

お元気にプレーをされる、古市プロを拝見しました。

 

現在、76歳。

 

まだまだ、お元気で頑張って頂きたいと

私は心から願っている。