達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

打つ事に夢中で、「軸」を忘れていませんか?

スポンサーリンク

ゴルフには、基本となるものと、

チェックポイントが山ほどあるが、

人間の体や運動能力はそれぞれ違うので

すべてのゴルファーに適合するとは限らない。

 

しかし、万人のゴルファーが決して疎かに

してはいけないことがあります。

 

 

それが、軸という概念です。

 

止まっているボールを正確に飛ばすためには、

軸が必要なのです。

 

ゴルフの経験を重ねて、そこそこ打てるように

なってくると、覚えなきゃいけないことや、

チェックポイントが次から次に増えてきて、

つい大事なことを、忘れがちになってしまうのです。

 

たまに、惚れ惚れするくらいのいい球を打つが

それが続かない。

ダフッたり、逆にトップしたりする。

 

そういった人は、手を振ることばかりに気がいって、

軸が崩れているのかもしれないのです。

 

一軸スイングか、二軸スイングがよいか議論の分かれる

ところですが、安定感(特に、アイアンショット)を求めるなら、

絶対一軸スイングです。

 

一軸スイングとは、左サイドに軸を置いて、

言ってみれば体重移動をしないスイングで、

 

二軸スイングは、左股関節と右股関節にそれぞれ軸を置き、

バックスイングで右股関節、ダウンスイングからフォロースルーで

左股関節に乗るという、いわゆる体重移動をするスイングのこと。

 

 

その一軸スイングでは、

左股関節から左足かかとにかけての軸に

常に重心が乗っているという感覚が大事です。

 

f:id:t6911:20170418113705p:plain

 

 

体をリラックスさせ、左脇が適度にしめた左サイドを

その軸を中心にひねるのです。

背中がしっかりとターゲット方向を向くのが理想です。

 

勘違いしてはいけないのが、

一軸スイングでも、自然に小さな体重移動は起こるということ。

 

それを分かっていないと、テークバックで、左肩が下がり、

今度はダウンスイングで、右肩が下がるといった

ギッタンバッコンのスイングになってしまうからです。

 

左サイドが締まった一軸スイングは、

右肩が突っ込まないし

右手でカットに下す動きも出ません。

 

さらには、左かかとにしっかり乗った

正しいフィニッシュが得られます。

 

二軸スイングは右腰が回りすぎて、

トップの位置が不安定になり当然、球筋も散ってくるといった

弊害もあります。

 

飛ばしに関して言えば、二軸スイングの方が有利といわれますが

それは、正確な体重移動とインパクトがあってのこと。

 

ミート率を考えても、一軸の方に分がありますし、

スイングの再現性も高い。一軸スイングが飛ばないなんて

ことはないのです。

 

コースで、ショットが安定しないという人は、

左サイドを意識したスイングをするべきなのです。