読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

フェアウェイバンカーを克服する3つのポイント

スポンサーリンク

フェアウェイバンカー、あなたは得意ですか?

いやいや、得意なんて人、いるのでしょうか?

 

・・・・私は苦手だな。

 

 

ティーグラウンドでは、生意気に、「あのバンカーから

フェードでフェアウェイだ」なんて宣言したのに

ナイスストレートボールでバンカーイン。

 

じゃあ、いっそのこと、バンカーに打ち込むつもりで打てば

どっちかに外れるだろう、と打ってみたら、これまたナイスな

ストレートボールで魅入られるようにバンカーインだ。

 

コースに仕掛けてある罠に、まんまと引っかかっている。

 

昔は超えていったバンカーに捕まっている、

この現実は受け入れ難いが、仕方ない。

 

f:id:t6911:20170415190330p:plain

 

私も、いつまでも苦手なんて言っていられないのだ。

 

距離が残っていて、アゴが低ければ、

7番ウッドとか9番ウッドでソールを滑らせるように打てば、

大きな失敗はありません。

 

打ち込むのではなく、ボールの手前にソールをポンと置く感じだ。

ソールが勝手に滑ってくれます。

 

一番いけないのが、ボールを上げようとすること。

 

でもウッドでは、超えられそうもないアゴがある場合は

アイアンを使わなければいけませんね。

 

そこで、

アイアンのフェアウェイバンカー克服法の

ポイントを3点挙げてみました。

 

その1)アドレス

 

   ボールを上か左上から見る体勢で構えること

 

   ボールを上げようとして、ボールを

   右寄りに置くと、たいてい体が上下動を起こします。

   ダフリやトップの原因になってしまいます。

 

   しかし、頭がボールの上か左上にあれば、右肩は

   下がらないので、上下動ではなく、水平運動が優先され

   ダフリ、トップのミスは大幅に軽減されます。

 

その2)ボール位置

 

   ボール位置は、真ん中よりすこし左寄りです。

 

   ダフリを怖がって中や右寄りに置くと

   ダウンスイングで右肩が下がり、

   かえってダフリやすくなります。

 

   直接、ボールにコンタクトさせたいために、

   ボールを右寄りに置くことも、ダフリを誘発します。

 

   最初は、怖いかもしれませんが、勇気を持ってチャレンジして下さい。

 

   ゴルフは、ときおり、正解が反対側にあったりします。

 

その3)グリップを少し短く持つ

 

   ダフらないための、保険です。

   また、短く持つことで、スイングもコンパクトになります。

 

   インパクト以降は、左腰の低い位置を手が通るように振っていく、

   これが出来ると、肩が平らに回っていくし、

   腹も左に突き出ることがないので、

   正確なインパクトが可能になります。

 

 

   繰り返しになりますが、くれぐれもボールを上げようと

   しないことが大切です。クラブのロフトを信じて、

   低いフォローを取るスイングを心がけましょう。

 

www.tatsujin72.com