読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

飛距離アップは、引っ張り合いから!

スポンサーリンク

アベレージゴルファーの飛距離不足の

最大原因がスライス。

 

そのスライスの原因の一つが、

いわゆる、振り遅れです。

 

 

打ち急ぎや、飛ばそうと力んだり、

結果が早く見たいといった気持ちがあると

インパクト以降に顔が早く上がってしまいます、

 

それが振り遅れの原因です。

 

顔が上がってしまうと、上半身が左に流れ、

右肩が下がり、手が体から離れやすくなり、

その結果、クラブヘッドがインパクトで間に合わなくなり、

振り遅れてスライスが出るのです。

 

 

顔を上げるのをグッと我慢するのです。

 

我慢することでインパクトからフォローでの

引っ張り合いが起こります。

 

 

クラブヘッドは飛球線方向に向かおうとするが、

頭は右に残っている。

 

f:id:t6911:20170414142239p:plain

 

この引っ張り合いで、最大の遠心力が得られ、

そのエネルギーがボールに伝わるということです。

 

この引っ張り合いの例として、よく挙げられるのが

陸上競技ハンマー投げですね。

 

ハンマー投げの選手は、自分の体を軸として

頭とハンマーが引っ張り合うように回転させることで

最大限の遠心力を得ようとしているわけです。

 

ゴルフのインパクトもこれと同じでしょう。

 

頭が飛球線方向にズレてしまっては、エネルギーを

ロスしてしまうのです。

 

ヘッドスピードが増せば、飛距離は当然伸びます。

 

それを実現するために、おススメなのが、

頭を意識して右に残すことなのです。

 

遠心力が利用できて、ヘッドを加速させることが可能な

テクニックなのです。

 

www.tatsujin72.com

 

 

www.tatsujin72.com