読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

いよいよ国内初戦開幕、星野陸也に注目だ。

スポンサーリンク

 

すでに男子のツアーは、海外で2戦を終え、

13日から始まる東建ホームメイトカップで、

国内初戦が開幕する。

 

 

f:id:t6911:20170411100850p:plain

 

いよいよといった感じだ。

 

女子のツアーはすでに6戦を終え、ここにきて

海外の選手たちが実力を発揮し始めてきている。

 

 

先週のトーナメントは上位3人が海外選手である。

 

私は強い人が勝つことに何の異論もない。

 

しかし、大相撲のモンゴル勢と日本人力士の構図ではないが、

稀勢の里の例を見てわかるように、

やはり強い日本人選手の台頭がないと、盛り上がらないのは

紛れもない事実だろう。

 

女子ツアーは盛況だというが、

このままでは、いつか、「ああ、又か」と飽きられてしまう。

マンネリは間違いなく後退を意味する。

 

協会もヤキモキしていながら、日本人若手の台頭を

待っているのではなかろうか。

 

 

話を男子ツアーに戻そう、

若手の台頭を願っているのは、男子ツアーでも同じ。

 

松山英樹石川遼が海外に出ている現在、

人を呼べる魅力あるプレーヤーを待ち望んでいるわけだが、

 

そこで、一人の爆発気配のある若手有望選手を紹介したいと思う。

 

 

星野陸也 20歳の飛ばし屋だ。

 

身長186センチの300ヤードヒッターである。

 

5歳上の石川遼とは、ジュニア時代から親交があり

現在は同じマネジメント会社に所属しているそうです。

 

f:id:t6911:20170411084557p:plain

 

昨年のファイナルクォリファイング・トーナメントで

1位となり、今年のツアー前半戦の出場権を獲得、

 

ツアー初戦のSMBCシンガポールオープンでは6位タイ、

 

次戦のレオパレス21ミャンマーオープンでは9位タイの

好成績をあげています。

これをみても、彼の非凡さを感じますね。

 

 

「コースマネジメントがまだまだ」、とは本人の弁だが、

まだ20歳、今はスケールの大きいゴルフを見てみたい。

 

彼の活躍を期待するのは、

ゴルフファンだけではなく、

 

男子ツアーの復興を目指す協会も、

熱い眼差しをもって観ることでしょう。

 

星野陸也

 

この名前、覚えておいてください。

 

www.tatsujin72.com