読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

パットの名手、スピースの相性の良さは見逃せない

スポンサーリンク

マスターズの舞台、オーガスタのグリーンは

ガラスのグリーンと言われます。

 

 

f:id:t6911:20170323122159p:plain

 

下り斜面では、触っただけで、

20ヤード先のグリーンの外に出てしまうほどの速さで、

マチュアなら手に負えない超高速グリーンです。

 

3パット、4パットの連発で、全くゴルフにならないでしょう。

 

速さだけではありません。

幾重にも重なった傾斜と大小のコブが

さらにパットを難しくさせています。

 

選手がカップの方向とは、まったく違う方向にボールを

打ち出すのを、あなたも見たことがあると思います。

 

マスターズに勝つためには

この超難度のグリーンを制することが必須です。

 

パットの名手といえば、ジョーダン・スピース

 

f:id:t6911:20170406201333p:plain

 

15-16年のPGAツアーでは、平均パットNo,1。

 

グリップはクロスハンド、フォワードプレスを入れるストローク

数々の難パットを沈め、2015年のマスターズを制しました。

 

スピースは、カップを見ないで打つ、

いわゆるノールック練習が有名ですが、

 

そうすることで、手をどう動かすかとか、

どうやってパターフェースを引くとかに神経が取られず、

ただカップに入れることだけに集中できるといいます。

 

スピースは、そう飛距離が出るほうではありませんが、

オーガスタは、飛距離ではなく、コントロールが要求されます。

 

 

特に、このコースは、フェアウェイにピンポイントで、

打っていかなければ、決してスコアを作れません。

 

大きく曲げれば、池、クリーク、林に入れてしまい、

パーさえ拾うことが難しくなります。

 

 

ラフに入れてしまえば、硬いグリーンには止められません。

 

その点でも、フェアウェイキープ率とパーオン率の高い

スピースにとって有利に戦えるでしょう。

 

そして何といっても、スピースとこのマスターズとの

相性の良さです。

 

マスターズには、3度の出場ですが、

最初の年、2014年には2位、

翌年は優勝、

そして昨年は2位と、抜群の相性の良さを

みせています。

 

スピースを優勝候補から外すことは出来ませんね。