達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

まだまだ伸ばせる、ドライバーの飛距離

スポンサーリンク

毎年のように、各メーカーが発売するドライバーの

新モデル。

 

例外なく、その謳い文句は・・・

 

「飛んで、曲がらない・・」

 

「過去最高の飛びを体験して下さい・・」

 

「ぶっ飛び、貴方の知らない世界へ・・」

 

「旧モデルより10ヤードアップ(当社比)・・」

 

当社比って何だ? と、

ツッコミを入れたくなるくらいです。

 

 

例えば、毎年ドライバーを買い替えたら、10年前より

100ヤード飛距離が伸びている計算だけど、

そんな夢のような話、聞いたことないしね。

 

f:id:t6911:20170330184730p:plain

 

私がゴルフを始めた当初、

ドライバーはパーシモン(柿の木のヘッド)で、

そのころのアメリカツアーのデータを調べてみると、

平均260ヤード(1980年データ)、

 

 

その後、メタルヘッド、次にチタンヘッドが登場すると

平均270,6ヤード(1997年データ)になりました。

 

ジョン・デーリーが登場したころですね。

 

 

さらにその後も技術革新が進み、またヘッドの大型化などで、

2006年には、平均294,7ヤードを記録しています。

 

バッバ・ワトソンが、圧倒的な飛距離で、ツアーを沸かせました。

 

ちなみに、それ以降の飛距離NO,1プレーヤーを調べてみると、

 

・2007年 バッバ・ワトソン   315,2 

・2009年 ロバート・ガリガス  312,0

・2010年 ロバート・ガリガス 315,45

・2011 年 J・B ホームズ    318,41

・2012年 バッバ・ワトソン  315,5 

・2013年 ハーク・リスト   306,3

・2014 年 バッバ・ワトソン   314,3

・2015年 D・ジョンソン   317,7

・2016年 J・Bホームズ     314,5

 

f:id:t6911:20170309194155p:plain

 

2016年度のツアー飛距離ランク中位の、

松山英樹が294,5ヤードですから

ここ10年ほどは、大して飛距離が伸びていないことが

分かります。

 

今では、プロゴルファーの筋トレ、科学的トレーニングが

当たり前になっていますし、

クラブのチューンナップ、フィッティングチームも

ツアーに帯同しています。

 

その現状を考えれば、ドライバー単体での進化は一段落したと

いってもいいのかもしれません。

 

最近、シャフトやボールの広告が多いのも

何となく、うなずけます。

 

しかし、プロの飛距離が頭打ちだといっても

マチュアは、伸びしろが、まだタップリあります。

 

トレーニングなんて、ロクにしていないし、

フィッティングなんてこと、一度もしてもらったことないしね、

 

ヤル気があれば、まだまだ、飛距離は伸ばせるって

ことですよ。  でしょ。

 

 

でも、やっぱり、新型モデル、気になりますね。