読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

ジャズも、ゴルフも【スイングしなけりゃ意味ないね!】

スポンサーリンク

「スイングしなけりゃ意味ないね」というデューク・エリントン作曲の、ジャズの名曲があります。

 

やっぱり、ゴルフもスイングしなけりゃ意味がないようです。

 

改めて、練習場で、再確認しました。

今まで、ウンザリするくらい、練習してるのに、今更です。

我ながら、本当に情けない。

 

調子が悪くなると、ボールに当てにいっているんです。

 

周りから見れば、ちゃんとスイングをしているように

見えるかもしれないけれど、

 

私自身の感覚では、

ボールを睨みつけ、ボールの腹にキッチリ当てることばかりに

気が入っていて、インパクトでは体が止まり、

スイングなんてまるで言えない代物です。

 

結果欲しさや焦りから、テンポもリズムも

悪くなり、ただ球数をこなしていただけでした。

 

途中、タメ息まじりで、コーヒー休憩を取っていたとき、

フト、思い出した。

 

しっかり、腰を回して、最後まで振り切ろうと。

 

よくいう、スイングの途中にボールがあるというやつです。

 

f:id:t6911:20170308064235j:plain

 

よし、練習再開です。

 

まず、ここまで振り切るんだぞと

自分と体に言い聞かせるような、

ゆっくりとした素振りを一回。

 

ちょい打ち上げの150ヤードの看板をターゲットに、

6番アイアンを手にしての1球目・・・

 

気持ちよく、振り抜けた。

球の高さも出たし、

飛距離も、今までの、打っていたときよりわずかだが

伸びた気がする。

 

やっぱり、スイングしなきゃいけないんだなと

納得した。

 

本当に、今更です。

堂々巡りの私です。

 

ゴルフという大きな迷路の中を、あちこち、ぶつかりながら、

同じところを何度も歩き回っている心境です。

 

 

スイングするジャズがそうであるように、やはり

テンポ、リズムが大切です。

 

体をリラックスさせ、グリップをゆるく握ること。

 

ここが最大のポイントです!

 

⇒腰を水平に回すことに神経を集中させることです。

 

そうすれば、手に意識はいかないでしょう。

 

 

最近、どうも当たりが悪いというあなた、

手で、ボールを打ちにいっていませんか?

 

スイングしてみましょう。

 

 

f:id:t6911:20170327115914p:plain

 

A列車で行こう? 

キャラバン?

イン・ア・センチメンタル・ムード?

 

ハミングでもしながら、スイングしましょう。

 

 

え!?リズム、テンポが合わない?

 

それは、あなたの選曲の間違いです。