読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

谷原秀人、稀勢の里、アッパレ、そしておめでとう。

スポンサーリンク

 

私は、ゴルフに限らず、スポーツ全般に興味があり、

それは、大相撲においても例外ではありません。

 

 

大相撲が始まると、何故か、毎日、

チャンネルを合わせてしまっています。

 

しかし私は、今、とても複雑な気分でいる。

 

それは、横綱 稀勢の里の左肩の負傷である。

 

f:id:t6911:20170326125840p:plain

 

長い苦闘の末に、綱をつかみ、

さあ、これから稀勢の里の時代が

始まるのではないかと期待され、

 

また、その期待に違えず、立派な土俵を

務めていた彼に、またまた試練を与えるのかと、

私は暗鬱とした気分に襲われるのです。

 

やっと頂点をつかんだ男に

もう少し微笑みを投げかけてやれないのか、

相撲の神様がいるとしたら、

文句の一つでも言ってやりたい気分です。

 

しかし、しかし、

なんと、人生はドラマティックなのか。

 

千秋楽の今日、本割り、決定戦と2番、照ノ富士に勝ち、

横綱として初の優勝、2場所連続優勝を飾りました。

 

 

誰が、こんな筋書を予想できたでしょうか?

 

今後も長く、語り継がれる歴史的な一日となりました。

 

君が代を聞く、稀勢の里の涙、思わず、私ももらい泣きです。

 

 逆境を乗り越え、責任を全うするその姿は、美しい。

 

稀勢の里、本当におめでとう!

 

 

 

もう一つ、

こちらも嬉しいニュースが

飛び込んできました。

 

f:id:t6911:20170326124726p:plain

 

谷原秀人が、WGCデル・マッチプレー選手権で、

ベスト4以上を決め、世界ランク50位以内を確定させ、

マスターズ出場を確実にしたのです。

 

この試合まで、世界ランク60位だった谷原が、

50位以内に入るのは、正直難しいと思っていたのは、

私だけではないでしょう。

 

この試合が彼にとって、マスターズ前のラストチャンスだったし、

ほぼすべての出場選手が、格上だったからだ。

 

その上、一回戦の最初の対戦相手が、

世界ランク6位のジョーダン・スピース、

その組を勝ち抜けるのは、困難であろうと思われた。

 

しかし、そのスピースに圧勝。その勢いをそのままに勝ち上がっていき、

堂々と、ラストチャンスをモノにしたのです。

 

その揺るぎないゴルフと、ハードの強さに感服です。

 

準決勝の相手は、世界ランク1位の

ダスティン・ジョンソンです。

ドライバーの飛距離では、30~40ヤード置いていかれるだろうが

谷原のゴルフは、ショートゲームで、試合を作るタイプ。

 

ここまできたら、胸を借りるつもりではなく、

堂々と、渡り合って谷原のゴルフを展開して欲しい。

 

www.tatsujin72.com

 

 

それにしても、マスターズへ3人の日本人選手の出場は

思わぬビッグプレゼントだ。

 

これもまた奇遇だが、3人とも、東北福祉大のOBである。

 

年齢は、谷原が38歳、池田が31歳、松山が25歳

 

年齢は違うが、同窓生というだけで、

精神的なリラックス度は高いであろうし、

逆に、同窓生だけに、それぞれプライドもあるはず。

 

いいライバル意識を持って、マスターズに

臨んでもらいたい。

 

ますます、楽しみになってきた。

 

マスターズは、4月6日開幕です。