読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

絵里香が勝った、桃子と琴乃も頑張った!

スポンサーリンク

菊地絵里香が、昨年10月から続いていた

外国人選手の連勝を8で止めた。

 

大会レコードタイの14アンダーの完全優勝だった。

 

 

昨年4月の「スタジオアリス女子オープン」以来となる

ツアー通算3勝目を挙げた。

 

f:id:t6911:20170319164506p:plain

 

オフの間は、100ヤード以内のウェッジと

パッティングに重点を置いて練習したという。

 

飛ばない自分が、勝負できるのは何か、

その為には、何が足りないかを

冷静に見極めたのだろう。

 

自分のゴルフを知ることは、大切である。

 

飛ばないなら、違う部分で勝負する。

 

パットであるとか、アプローチの精度とか

もしくは、マネジメントの徹底とか・・

 

その意志が揺るがない人、勝つという気持ちが

強い人が勝てるのだろう。

 

 

彼女は、自分のゴルフをよく知っているからこそ、

飛ばそうとムリをしていない。

 

力みのないスイングで、しっかり最後まで

クラブを振りきっていた。

 

パットも打ち急ぎがなく、

いいリズムで打てているように見えた。

 

入れたい、入れたいと気持ちが先行することなく、

しっかりラインに乗せようとする

落ち着いたパッティングが

出来ていたのではないだろうか

 

2位に食い込んだ、渡邊彩香も相変わらずの飛ばしっぷりで

楽しみだし、笠りつ子の爆発力も健在のようだ。

ぜひ、他の日本人選手にも、頑張って欲しいと思うが、

 

全美貞は4位、アン・ソンジュは5位タイとしっかり上位に

付けている。女王、イ・ボミもこれから調子を上げてくるだろう。

 

ますます、女子ツアーには、目が離せなくなりそうだ。

 

f:id:t6911:20170319165223p:plain

 

ところで、昨日の記事に名前を出した上田桃子が5位タイ、

香妻琴乃が15位タイと、久々に上位に顔を出した。

 

菊地プロの優勝と同じくらい、私にとっては

嬉しいニュースだ。

 

プロ同志の技量は、大差ないはず、

気持ちで、何かが変わるんだよね、

 

この二人には、更なる活躍を願わずにいられません。

 

www.tatsujin72.com