読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

ミスショットの度、怒っていたら身が持たないよ

スポンサーリンク

 

プロが、 ミスショットの後、クラブを地面に叩きつけたり

クラブを投げつけたりする行為をたまに目にします。

 

 

見ていて、決して気分のいいものではありません。

 

一時的に、マイナス感情を吐き出し、気持ちを

リセットする行為だとか、

プロとしての一つのパフォーマンスだと好意的に

解釈する人もいますが

マナーを重要視するゴルフというスポーツにおいては

プロといえども、許されるべきではないと

私は思うのですが・・・

 

f:id:t6911:20161127153107j:plain

 

人間は感情の動物です。ミスショットをすれば

落胆するし、自分への怒りもわくでしょう。

当然の事です。

 

しかし、ゴルフにミスはつきもの、

ゴルフはミスのゲームともいいます。

 

マチュアがミスショットの度、怒っていたら

身が持ちませんよね。

 

マイナスの感情はさっさと忘れることです。

 

その点、青木功プロがよく口にした、「シャンメー」という言葉、

【やることをやったら、結果はどうであれ、仕方ない】という意味ですが、この気持ちの切り替えが青木の青木たる所以でしょう。

 

 

いつまでも、マイナス感情をもち続けると、

プレー自体が、必ず雑になってきます。

 

ズルズルとボギー、ダボを重ねることになりかねません。

普段通りのゴルフが出来なくなるのです。

 

ゴルフのラウンドでは、感情は平坦であればが

平坦であるほどいいのです。

 

特に、アマチュアが良いスコアで、回ろうと思ったら

極力、気持ちは一定に保つべきです。

 

逆に、覚えておくものは、ナイスショットや

チップインやバーディパットを決めたときの

喜びの感情です。

 

こういったプラスの感情が、好スコアに導く

エネルギーになるのです。

 

何度も言うように、ゴルフはミスのゲームであり

メンタルのゲームなのです。

 

 

 

ミスショットをしたり、思い通りにならないときに

ふてくされたリ、感情を露わにしてしまっていた、

(少なくとも、私にはそう見えた)

 

昨季、賞金シード落ちした香妻琴乃プロや

不振をかこった上田桃子プロ、

 

f:id:t6911:20170317201340j:plain

 

不調の原因は、そこだけではないだろうけど、

 

さて、今季の彼女たちは・・?