読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

男の子だろ、たまには、ピンまで突っ込んでみろ!

スポンサーリンク

マチュアのグリーン周りのアプローチ、

ショートとオーバー、

どちらが多いでしょう?

 

 

これは、間違いなくショートでしょう。

 

オーバーは、トップさせたミスショットの

場合くらいではないでしょうか。

 

ではなぜ、ショートする場合が多いのか?

 

f:id:t6911:20161122162546j:plain

 

理由として考えられるのが、

 

①グリーン攻略は手前から、という昔からの原則が

 染み付いているから

 

②アマチュアは、転がすアプローチより、

 上げるアプローチを

 多用(それしか出来ない?)するため、

 ランが出ず、 ピンまで突っ込めないから

 

③ピンをオーバーさせたら、下りのパットが

 残ってしまうから、

 

 などが考えられます。

 

本当に、手前のアプローチが良くて、

オーバーさせるアプローチは

ダメなのでしょうか?

 

極端な下りのラインでなければ、返しの

パットだって入る可能性もあるんです。

 

なぜなら、オーバーさせれば、

ラインが、分かっているからです。

 

そのためには、カップ過ぎてからのボールの

転がりをしっかり見ておかなければいけませんが。

 

 

手前から上りのパットが残ったからといって、

必ず入るわけでもありません。

 

しっかり打てるパットといわれますが、

今度は打ち過ぎての下りのパットを

恐がるせいでチビってしまい、

ショートさせてしまった経験ありませんか?

 

 

f:id:t6911:20161203193500j:plain

 

 

また、ピンの手前ばかりだと、いつまでたっても

チップインの可能性はありませんよね。

 

パットも常に未知のラインが残っているわけですから

寄せワンも難しくなるわけです。

 

アプローチは「寄せる」という

言い方をします。

 

その言葉も、カップに入れるまでのことを

想定していなくて、はじめからショートしても良いという

ニュアンスを持ってしまっています。

 

ピンをオーバーさせても、1パット圏内なら、

それは十分寄せたことになるのです。

 

オーバーしても良いと思えば、アプローチショットの

許容範囲はかなり広がります。

 

プレッシャーも少なく、寄せることができるはずです。

 

アーノルド・パーマーの言葉があります。

【ピンの手前1ヤードも、ピンの奥1ヤードも、

 同じ1ヤードだ】

 

アプローチでショートばかりさせているアマチュアに対する

戒めの言葉です。

 

インパクト、緩んでいませんか?

 

たまには、ガチャ!っとピンに当てるくらいの

積極性も必要かもね。