読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

テークバック時の手の使い方は?

スポンサーリンク

いつもの朝練に行ってきたけれど、

球がシャンとしない。

 

情けなくなる。

 

下が使えてないし、手の振りも鈍い。

 

本当に、ゴルフは日によって変わる。

 

長い間、ゴルフをやっていても、悩みは

増えるばかりだ。

 

 

こんな日は、又、いろんな事が気になってくるものだ。

 

 

それが、今日は、テークバックについてだった。

 

f:id:t6911:20170117133719j:plain

 

テークバックに関しては、すべてのゴルファーが

気になるところではないだろうか?

 

どうやって上げるのか?

どこに上げるのか?

 

腕(手)からではなく、腹や腹筋を使って上げる、とか

 

右尻(右腰)を後ろに引けばいい、とか

いろんなやりかたが、レッスン本には書かれている。

 

私の過去の記事にも、

手で上げるとその度いろんな所、いろんな高さに

上がってしまうので、下半身から始動することが大切だと

書いた。

 

しかし、今回気になるのは、ここから先なのだ。

 

確かに、下半身から、始動すると、手は右腰くらいまでは

勝手に上がるが、そこから上へは、やはり手を使わないと

トップへは行けない。

 

その手を使う部分は、どの手を使うのかということが

気になってきたのだ。

 

両手でクラブを握っているのだから、両手で上げるという

のが、正しいとは思うけれど、私の場合は、

左手が主体になってトップまで持っていっている。

 

これを、右手を主体にしたらどうだろうと考えたのだ。

 

左手で上げるから、今度はダウンスイングで器用な右手が

シャシャリ出てきて、色んな悪さをするのじゃないか

と思ったのだ。

 

だったら、右腰から上へは、右手で上げたら

どうなるだろうと考えた。

 

そうすれば、ダウンスイングが、今度は、左手が主体になるはず、

所謂、左手リードが出来るのではないだろうか、と

考えたのだ。

 

・・・やってみた。

いい。

 

体が右に流れる感じがしない。

スイングが単純で、コンパクトに収まる感じがする。

 

今までより、小さな動きで、トップまで行ける。

 

右小指を中心にして、自然に右手の手の平を回転させ

右ひじを体から離さないように上げる。

 

テークバックで、肩を十分に回そうとか、

フットワークを使うといったことを考えることは

必要ない。

 

自然に右腕をスッと引けばいい、

右手を綱引きの要領で、右腰に引き寄せるテークバックを

すればいいのです。

 

f:id:t6911:20170315212830p:plain

 

そして、ダウンスイングは、左手が主体と思えば

タメもできるし、スイング軌道も外れない。

 

たまたまかもしれないが、球筋も球の高さも

予想以上だ。

 

何だか、とても回りくどい表現だったけど、

ゴルフに真剣に取り組んでいるゴルファーなら

分かっていただけると思う。

 

 

テークバック時の手の使い方に悩んでいるなら、

だまされたと思って、一度

試してみたらどうだろう?

 

www.tatsujin72.com