達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

もう一度、ゴルフに熱くなってみよう

スポンサーリンク

穏やかに晴れ上がり、

路地を吹き抜ける風も心地良い。

 

何か、久しぶりに味わうような軽やかな感覚だ。

 

 

年が明けてからは、雪との格闘だった。

 

やっと、私のゴルフシーズンがやってきた。

 

例年と比べても、かなり遅い始動である。

 

すでに、ヤル気は満々である。

 

今年こそ、ベストスコア更新の報告を

したいと思っている。

 

 

これまでのベストスコアはパープレーなので、

更新となると、アンダーの世界になる。

 

現在の自分の力からみて、実現の可能性は

極めて低いが、不可能とあきらめてしまえば、

ゴルフをやってる意味がない。

 

 

年齢も重ね、体力、筋力も落ちてきている。

認めたくはないが、認めざるを得ない厳然とした事実である。

 

しかし、体力は落ちても、出来るゴルフはあるはずである。

 

 

 

時折、比較的順調に、ハンディを縮めていった

若い頃を思い出すことがある。

 

f:id:t6911:20170220180632j:plain

 

寝ても覚めてもゴルフ、ゴルフの毎日だった。

 

毎日のように、練習場に出かけ、それでも飽き足りず、

家では、素振りをし、パターマットの上で転がし、

又、人のいない頃を見計らって、家の近くの公園の砂場に行き、

バンカーショットの練習をしたことなどが思い出される。

 

まるで、ゴルフという厄介な病にかかった

病人のようなものだった。

 

 

懐かしいし、よくやってたなと自分を褒めたいくらいだ。

 

せめて、あの頃の、熱量の少しでも、持ち合わせなければ

これからの成長は覚束ないだろう。

 

年齢を重ねれば、ゴルフだって、相応に上手くなるだろうと

考えるのは、あまりにも浅はかで甘い考えだ。

 

なかなか上手くならないと、嘆いているゴルファーは、

上手くなるほどの練習をしているのだろうか?

 

夜中に、いきなりベッドから飛び起き、思いついたグリップで

ボールを転がしたことがあるだろうか?

 

ショーウインドウをみつけたら、いきなり立ち止まって、

スイングをしてみたり、

 

自分の感覚が合っているのか確かめたくて

次のビルの角まで歩測したことはあるのだろうか?

 

ゴルフを知らない人にとっては、滑稽だけれど、

 

やはり、上達には、このような熱い時期が

必要なのではないだろうか?

 

f:id:t6911:20161121180919j:plain

 

 

そして、若い頃は、金銭的余裕もなく、コースに

出られるのは、せいぜい月に一度くらいだった。

 

だから、途中で「今日はダメ、練習、次、次だ」と

いうわけにはいかなかった、

ムダにするわけにはいかなかった。

 

一ラウンド、一ラウンドが真剣勝負だった。

 

上手くなりたかったし、早くハンディを減らすことに

必死だったような気がする。

 

あの頃の、情熱を思い出すことから、始めなきゃ。

 

もう一度、ゴルフに熱くなってみよう。