読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

森田理香子のプレーを見るのがスキなのだ

スポンサーリンク

森田理香子が予選を突破した。

最終日の今日はどんなプレーを見せて

くれるのだろうか?

 

 

 

現在開催中のヨコハマタイヤPRGRレディースカップで、

森田は、初日、2オーバー、74で、65位と出遅れたが

二日目、2アンダー、70と盛り返し、トータルイーブンパーの

24位タイまで順位を上げ、予選を通過した。

 

 

これほどの選手が予選を突破したくらいで、話題に

挙げるのも気が引けるが、彼女の心境や置かれている状況を

思えば、私は本当に良かったと心から思えるのだ。

 

昨季は賞金シード落ちし、最終QTランキングも77位と沈み

今期は、レギュラーでの出場は主催者推薦での8試合ほどに

限られている。

 

その中で、結果を残さなければならないからだ。

 

 

かつて賞金女王にも輝いた彼女の低迷の理由の

一つがアプローチイップスと言われている。

 

イップスというのは、皆さんご存知のように、

極度の緊張や心理的圧迫などによる精神的な原因で

震えや硬直が起き、プレーに支障をきたすことである。

 

このイップスという厄介な病で、消えていったプロも多い。

 

 

常に、賞金女王としてのプレーを求められ、

また、それに応えようとするプレッシャーが

彼女の伸び伸びとしたプレーを、

いつしか奪ってしまったのだと私は勝手に推測する。

 

f:id:t6911:20170311224512p:plain

 

しかし、彼女は、苦しみながらも、克服しようとしている。

 

それは、簡単なことではないはずだが、

彼女はイップスを隠すことではなく、

自分はイップスだと認めることから始まったという。

 

認めたときから、また何か新しいことを

始められることを知り得たのだと思う。

 

今日は、最終日。

 

上位進出を目指してほしいが、プロの世界はそんなに

甘いものではないだろう。

 

それより、今の彼女にとって、大切なことは、

まず予選を通過して、自信を取り戻すこと、

そして決勝ラウンドで戦うことだろう。

厳しい戦いの場に身を置くことだ。

 

彼女はまだ27歳、

これからなのだ。

 

私がなぜ彼女を応援するのか?

 

それは、ゴルフスケールが女子プロの中では

抜きんでていると思っているからだ。

 

柔らかさと強さのバランス、スイングアークの大きさは

世界に通用すると私は確信している。

 

彼女のこれからの復活劇を、いちファンとして

静かに見守っていきたいと思っている。

 

www.tatsujin72.com