達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

ヘッドスピードを上げる5つの方法

スポンサーリンク

ヘッドスピードを上げるにはどんな方法が

あるのでしょうか?

 

 

1)トレーニングやストレッチなどで、

 筋力を鍛え、柔軟性を高める

 

 

2)自身のもつパワーを効率的に、

 かつ無駄なくボールに伝えるスイングをものにする

 

 1)、2)については、正論ですね。ゴルファー自身が、意志をもって

 それ相応の期間、取り組まなければ実現が難しいテーマです。

 

 

3)クラブ(ドライバー)のシャフトを長くする

 

 シャフトが長くなれば、スイングアークも

 大きくなって、遠心力も働き、

 その分ヘッドスピードが上がるという事なのですが、

 

 逆に、タイミングを取りづらくなったり、

 ミート率も下がってしまう危険性もあります。

 

 大型ヘッドだと、空気抵抗も大きくなって、かえって

 ヘッドスピードが落ちるということも考えられます。

 

 

4)重量が軽いクラブに変える

 

 単純に考えれば、軽くすれば、ヘッドスピードが上がるのは

 当然といえます。しかし、この方法も良いこといいばかりではありません。

 

 ヘッドスピードが上がるのは、最初のうちだけで、

 慣れてくると、元に戻ってしまうとよく聞きますよね。

 

 それだけではなく、軽いせいで、知らず知らずのうちに

 手打ちスイングになってしまい、ヘッドスピードどころではなく

 飛距離そのものが落ちてしまうという恐さもあります。

 

5)軟らかいシャフトに変える

 

 軟らかいシャフトのしなり戻りを利用して、ヘッドスピードを

 上げるという理屈です。

 

 ただし、今まで、硬いシャフトを使っていた人は、

 タイミングが取りづらいでしょう。

 

 いいタイミングで振れるようになるまでは、

 球筋は大スライスやチーピンと大暴れするの

 ではないでしょうか。

 

 

3)、4)、5)については、財布に余裕があれば、

手っ取り早く、実現可能な方法といえるかもしれませんが

しかし、それぞれ一長一短あるようです。

 

ひとつ間違えば、スイング自体が

おかしくなってしまう危険性もはらんでいます。

 

それぞれ合う、合わないは

ゴルファー自身の体力やもって生まれた

スイングのリズムがあるので、こればっかりは

試してみるしかないようです。

 

飛ばすためには、ヘッドスピードだけ上げても

十分ではありません、ミート率も大事な要素ですからね。

 

 

昔から、クラブは振りきれる範囲の上限の重さ、がベストだと

言われてきました。

 

 

あなたが、今使っているドライバーが、最終ホールまで

振り切れなくなってきた時が、何かをチェンジする

タイミングだと思いますが、まだまだ、体力が持つなら

変える必要はないでしょう。

 

 

f:id:t6911:20170310194751p:plain

 

私の敬愛する往年の名プレイヤー、陳清波プロは、こう言ってます。

 

【年齢を経ればシャフトを軟らかくし、ロングアイアンを捨てて

7、9番ウッドなどをセットに加える方法が賢明だ】、と。

 

ちなみに、陳清波プロは65歳くらいまで、Sシャフトを使って

いたそうですよ。

 

運動エネルギー(飛距離)は、質量(クラブヘッドの重さ)に

比例するといいますから、我々も、もう少し頑張ってみましょうよ。