読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

ロフト角に見栄を張ってもつまらない

スポンサーリンク

あなたのドライバーのロフト角は何度ですか?

 

9度から10,5 度くらいの人が多いんじゃないでしょうか。

 

 

一般的に、ロフト角が少ないドライバーは

上級者やハードヒッター、

 

ロフト角が大きいドライバーは

年輩や女性など非力と思われている

ゴルファーが使うものと、

知らず知らずのうちに決めつけていますね。

 

たまにコースで、他のカートに積んである

8度のロフト角のドライバーなんかを見ると、

《すごいパワーヒッターなんだろうな》

と想像してしまいます。

 

 

しかし、その表示してあるロフト角は

本当なのでしょうか?

 

f:id:t6911:20170126190206j:plain

 

実は、違っている場合のほうが多いのです。

 

製造段階で、±1度くらいの誤差がでるのは

仕方のないことだそうですが

表示ロフトが、リアルロフトより

2度以上小さい場合は、

メーカーが意図的にしているといっていいでしょう。

 

メーカーの販売戦略なのです。

 

何故、そんなことをするのか?

 

 

リアルロフトが13度で、そのまま13度と表示しても、

そのドライバーは売れないからです。

 

 

ゴルファーは、見栄っぱりです。

特に、男性ゴルファーはロフト角13度のドライバーなんて、

恥ずかしくてバッグに入れられないのです。

仲間に冷やかされるのが

目にみえているからでしょう。

 

 

だから、メーカー側もリアルロフトが13度でも、

9,5 度と偽って表示するワケです。

 

 

メーカー側の、苦渋の末のやさしいウソというわけです。

 

ヘッドスピードが40m/sのゴルファーは、もっとも

飛距離(キャリー)が出るのが、ロフト角が13度の

ドライバーだそうです。

 

あなたも、一度ゴルフショップで、

そのクラブが自分に合っているのかどうか、

自分のドライバーのリアルロフト角を

調べてもらったほうがいいかもしれませんね。

 

 

見栄を張って、少ないロフト角のクラブを使えば

ボールは上がらない、飛ばない、曲がる、など

仲間にもっと恥ずかしいゴルフを

見せてしまうことになります。

 

 

シャフトのS神話と同様、

ロフト角に見栄を張ってもつまらないですね。

 

f:id:t6911:20170309194155p:plain

 

ちなみに、飛ばし屋ダスティン・ジョンソンの

使用ドライバーのロフト角は10,5 度だそうですよ。

 

 

自分に合ったクラブでこそ、

ゴルフは楽しめるのですから。