達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

クラブ選択のヒントを差し上げましょう

スポンサーリンク

ショートホールにやってきました

 

 あなたにとって、

9番では短いが、8番では大きすぎる、

いわゆる中間距離(between club)だとしましょう

 

 

8,5 番があればピッタリなのだが、そんなクラブはないので、

9番のフルショットか8番のコントロールショットかで

悩むことになる。

 

こういう場合、アベレージゴルファーはたいてい、

9番で、目一杯振ることを選択するケースが多い。

 

f:id:t6911:20161116101259j:plain

 

理由として考えられるのは、

まず、自分の飛距離を長めに見積もっているからでしょう。

 

過去最高の当たりを自分の飛距離と思いがちなのである。

ランも含めた飛距離なのかもしれない。

 

それに、過去のラウンド経験から、

グリーン奥には打ちたくないという

意識が働くのかもしれない。

 

下りのアプローチやパットに泣かされたことが

幾度もあったのでしょう。

 

そして、他のメンバーへの見栄である。

 

マチュアゴルファーには、アイアンでも人より

飛ばしたがる人が多く、本当は8番の方が安全なのは

解っていても、つい見栄で9番を選んだりする。

 

9番を選んだゴルファーは、どうなったか?

 

最高の当たりがしょっちゅう出るはずもなく、

ほとんどの場合、目標には届かないことが多いでしょう。

 

まして、ショートホールには、手前やサイドに、バンカーや

深いラフなどのハザードがあるケースが多い。

 

それを避けるという意味でも、大き目のクラブを

持った方が賢明なのである。

 

少し、薄めに当たったとしても、グリーンに届く

ことだってあるだろうし、大き目のクラブを

持った方が、気持ちに余裕が生まれます。

 

f:id:t6911:20170207174655j:plain

 

ギリギリのクラブはどうしても力が入る。

力が入れば、ボールは曲がりやすくなるのは

皆さん、経験済みでしょう。

 

基本的に、アイアンはフルショットする

クラブではありません。

ターゲットにボールを運ぶクラブです。

 

ひとつ番手の大きいクラブを軽く振ることを

覚えるとゴルフはグンと楽になります。

 

ラインも出しやすくなるし、ボールも吹け上がらないので

アゲインストの風にも負けないボールが打てます

 

フルショットの練習ばかりでなく、

軽く振る練習も大事ですね。

 

軽く振るといっても、手打ちではいけません、

ほんの少し、グリップを短く持って、

体のターンを通常より幾分ゆっくり目にして

練習してください。

 

ゴルフの幅も広がり、スコアアップも間違いなしです。