読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

パットは入るか、入らないか。形はどうでもいい。

スポンサーリンク

真っすぐ引いて真っすぐ出す

というパットのストローク

 

理想とされていますが、あなたは出来ていますか?

簡単そうで、実に難しいですよね。

 

 

パットのストロークに関しては、様々なスタイルの

ゴルファーがいます。

 

レジェンド、杉原輝雄プロは、カット気味にストロークして

いたし、青木功プロは、パチンと打ついわゆるタップ式という

ストロークですよね。

二人とも、パットの名手と言われたプロです。

 

あなたの周りにも、個性的なフォーム、ストロークだけど

よく入る人がいると思います。

 

どんな打ち方であれ、ちゃんと入っている人は、

それがその人にとって正しい打ち方なのです。

 

f:id:t6911:20170214115606j:plain

 

パットのフォームがいいからって、パットが

必ず入る保証なんてないのです。

 

パッティングのスタイルはいつも同じでなければならないと

自分を縛ってはダメです。

その時々で、変わっていいのです。

 

ロングパットとショートパットのスタイルを変えても勿論いいでしょう。

 

機械のように、固まった一つのストロークをする

必要なんかありません。

 

真っすぐ引いて真っすぐ出す、は唯一絶対ではありません。

固定概念は取り払うべきなのです。

 

スイングがそれぞれあるように、パットの形がそれぞれ

あっても不思議はありません。

パターの形状だって、様々ですからね。

 

いろいろな方法を試してみて、自分のスタイルを

見つけることが大切です。

 

パットで、最も大切なことは、インパクト時、

フェース面がカップにきっちりと向いていることです。

 

f:id:t6911:20170215213544j:plain

 

これが出来さえすれば、平らなグリーンなら、

ストロークの軌道に関係なくカップに入るのです。

 

しかし、これが出来ているかというと、疑問符が付きます。

 

なぜなら、アドレスはカップに正対出来ないからで、

マチュアはショット時と同じように

ターゲットより、右を向きすぎる傾向にあるといいます。

 

これは、自分一人では、なかなか修正できないので、

誰かに見てもらって正しくパターのフェースがカップを

向いているかを確かめてもらったらいいでしょう。

 

真っすぐ引いて真っすぐ出さなきゃ、と思いすぎるから

ガチガチになって、引っ掛けたり、押出したりするのです。

 

リラックス!  リラックス!

 

インパクトの時だけ、フェースをカップに向けることを

ポイントにしたほうが、腕が楽に動く感じがしませんか?

 

ボールの前後、何十センチか真っすぐ動かすことより、インパクトの時

ここに戻すといった方が人間の感覚として優れていると思うのは

私だけでしょうか?

 

あなたがパットに自信があれば、何もいうことは

ありませんが、もし、苦手なら、一度、試してみる価値は

あると思いますよ。

 

注: こうすれば絶対入るという方法もありませんので

    悪しからず。