読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

アプローチが苦手の人はこれで寄せればいい

スポンサーリンク

グリーン周りのアプローチで、絶対ダフらせたくないときの

とっておきを紹介しましょう。

 

一番、ダフらないクラブはパターです、それは異論の

ないところでしょう。

 

 

そのパターの打ち方を、アプローチするクラブにも

取り入れるのです。

 

クラブの握りは、あなたのパターの握りと同じにして、

打ち方は、振り子の要領です

 

両肘を曲げて、パターのストロークをアイアンでするのです。

 

ボール位置は、スタンスの中央か、

やや左寄りにセットします。

 

アイアンのヘッドを体の近くにセットし、ヒールを浮かせ

クラブのトウ寄りで、パターのように打ちます。

 

 

ウェッジだと、ボールに歯をきっちり入れないと、

という怖さがありますが、この打ち方は安心して臨めます。

 

また、ウェッジのように、ロフトがあるクラブは、

少しフェースが開いたり閉じたりするだけで、

右や左にボールが散らばります。

 

 

しかも、フェースのどこに当たるかで、球の上がり方や

スピンのかかり方が大きく変わってしまい、

距離感もまちまちになってしまいます。

 

アイアンなら、スイングが小さくてすむので、

大きなミスは起こりません。

 

 

アプローチをロングパットくらいの感覚で

打てるというワケです。

 

f:id:t6911:20170205120540j:plain

 

アイアンなら、すべてのアイアンが

このアプローチに使えると思います。

 

 

それぞれの球の高さや、転がる割合が違うので

実戦で試すしかないのですが、一度や二度の

失敗で、これはダメだ、と結論付けてはいけません。

 

何度か試してみて、その確率を評価することが大切です。

 

ミスがほとんど出なくて、とてもやさしいので、

アプローチに苦手意識がある人こそ、使うべき技術なのです。

 

f:id:t6911:20170214115628j:plain

 

そして大事なことは、このアプローチに限らず、全般に

言えることですが、打ち急がないことです。

 

振り幅を小さくするだけで、通常のショットと同じような

リズム、テンポでスイングすることです。

 

又、ヘッドアップには気を付けて下さい。

 

ショットの距離が短かくなるにつれて、

結果が気になり、頭が上がりやすくなります。

 

体をリラックスさせて、ゆったりスイングを

心掛けましょう。

 

慣れてくれば、寄せワンの確率も増えるはずですし、

チップインの可能性だってあるでしょう。