達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

ダフリを止める特効薬を差し上げましょう(2)

スポンサーリンク

プロのアイアンショットを見ると、

打った瞬間はカツッと音がします。

 

 

一瞬、トップしたのかと思ってしまいますが、

その打ち放たれたボールは途中で2段ロケットのように

高く伸び上がり、そして、ゆるやかにグリーンに着地します。

 

憧れですね、本当にカッコいい。

 

なぜ、プロはあのようなショットが打てるのか?

 

それは、プロはダウンスイングで、手首のコックを

さらに、きつくして打っているからなんです。

イメージとしては、リッキー・ファウラーのダウンスイングが

参考になると思います。

 

f:id:t6911:20170227121035p:plain

 

アベレージゴルファーは、テークバックからコックをし始め

トップまでいき、ダウンスイングと同時にコックを解いて

しまうから、ダフってしまうのです。

 

プロは違います。ダウンスイング時に、コックをさらに甲側に折る

ことによって、スイング軌道がバックスイングより内側にきます。

これによって、上から打ち下ろす形が出来るのです

 

f:id:t6911:20170226193707p:plain

 

つまり、トップから、一直線にボールを打ち下ろすことが

出来るという事です。

当然、ダフリは発生しません。

 

そして、プロはボールを直接打ってから、地面を打ちます。

だから、あのような2段ロケットショットが打てるのです。

もちろん、速いヘッドスピードが必要なのは

言うまでもありませんが。

 

マチュアのトップの原因は、ボールにクラブが直接

当たったあと、そのまま地面に触らずに抜けてしまうからです。

 

今度は、それを嫌がると、ボールを直接打たないようにと

神経が働くため、ダフってしまうのです。

 

乱暴な言い方ですが、

ダフらない打ち方とは、

つまり大きいバックスイングをして、

小さく振るということです

 

トップから、いきなり振り下ろさずに

手首のコックをさらに深くして、ダウンスイングに入ることなのです

 

また、左足から踏み込むことから、

ダウンスイングを始めることで

更に、内側から打ち下ろすことが出来ます。

 

簡単にはマスターできませんが、

ダフらない、トップもしない、一ランク上の上質なアイアンショットを

手に入れるためには、是非とも身に付けたい技術です。

 

お互い、頑張って練習しましょう!

 

www.tatsujin72.com