達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

ゴルフスイングを、型にはめてはいけない。

スポンサーリンク

ゴルフスイングはその人の個性そのもの。

 

人はそれぞれ体型や筋力が違います、

プロといえども、同じスイングするゴルファーはいません。

 

 

何故なら、ゴルフスイングは形を求めるものではなく

再現性の高さを求めるものだからです。

 

あなたの近くにもいませんか?

はっきり言って、きれいなスイングではないのに

必ず、いいスコアで回ってくる人。

 

そういった人は、毎回、同じところにバックスイングをして

同じ軌道で、ダウンスイングに入り、

同じ場所で、ボールを捕まえることが出来る人なのです。

 

あなたが、タイガーウッズや石川遼のような、きれいなスイングを

真似しても意味が無いのです。

何故なら、我々は、彼らのような身体的能力を

持ち合わせていないからです。

 

f:id:t6911:20161124145224j:plain

 

スイングを型にはめることに意味がないばかりでなく、

型にはめることなど出来ないという事なのです。

 

大切なことは、型にはめるではなく、

本来持っているそれぞれのクラブの性能を

引き出してやるスイングこそが、

我々の求めるべきところでしょう。

 

それが、なかなか出来ないのは、ゴルファーの

力や余計な動きや欲が邪魔をするからです。

 

一般的に女性ゴルファーの方が、男性より

曲がらないショットを打つと言われますよね。

 

それは、女性が男性より非力である分、体が

余計なことをしないからです。

非力であるおかげで、クラブがあるがままに、

動きたい方向に動くことが出来るというわけです。

 

形から、スイングを作ろうとすると、アドレスではどうしても

力が入ってしまい、固まってしまう。

滑らかさが無くなって、リズム、テンポが悪くなってしまいます。

 

こんな余分な力や動きを取り除くこと、

これが究極の練習だといえるでしょう。

 

あまり細部にこだわらず、リズム、テンポを大切にして

シンプルで、なめらかなスイングを目指しましょう。

ゴルフはスイングなのです、ヒットではありませんよね。

 

とても難しいことだけど、挑戦して下さい。

 

あなたには、あなたのスイングがあるはずです。

 

 

継続する努力が必要です、その過程の経験値

あなただけのゆるぎないゴルフスイングを

もたらすはずです。