読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

パッティングで、勝負できるゴルファーになる

スポンサーリンク

マチュアが出演しているゴルフ番組を見ていて、

残念に思うのが、短いパットを外す場面が

非常に多いことだ。

 

 

プロと遜色ないショットを打てるのに、勿体ない。

 

スコアを決めるのは、やはりパットなんですね。

これは、プロもアマも同じでしょう。

 

ある程度、ショットが出来上がっているゴルファーが

スコアを縮めるためには、パットを磨くしかないのです。

 

プロにとって、ショットの技量については、大きな差が

有るわけではないので、パットにこだわるのは当然と言えます。

 

改めて、ゴルフというゲームの肝はパッティングにあると

言っても過言ではないでしょう。

 

あなたも好スコアで回ったときのラウンドを思い出して下さい、

ある程度ゴルフ歴があるゴルファーなら、きっとそのラウンドは

パッティングが良かったはずです。

 

だから、本来は、パッティングこそ磨くべき技術なのです。

 

f:id:t6911:20170111130837j:plain

 

過去に何度か触れましたが、

ドライバーではスコアは作れないのです。

コースでは、仲間と飛距離を競うことに一生懸命で、

グリーンに乗せたころには、集中力も、もたなくなって、

挙句の果てに、3パット連発。こんなゴルフしていませんか?

本当に勿体ないですね。

 

女性ゴルファーでも、年輩のゴルファーでも、

スキルアップできるのがパッティングです。

 

飛距離で勝るゴルファーとでも、勝負に

持ち込めるのが、パッティングなのです。

 

よく言われますね、

【300ヤードのドライバーショットも

10センチのパットも同じ一打】と。

 

あなたが、300ヤードショットを打てれば、大きな

アドバンテージになるでしょうが、それが無理なら

パッティングを磨いたほうが、スコアに結びつくと

考えたほうが、賢明だとわかるはずです。

 

ありがたいことに、パッティングは、コースに出なくても

練習場に行かなくても、家の中で出来るということです。

 

パット名人の一歩は、そこから始まります。

 

www.tatsujin72.com