達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

「明治の大砲」は、左腰で美スイングに変わる。

スポンサーリンク

 

【明治の大砲】、古い言葉ですね、

 

昔からゴルフではフィニッシュで

体重が右に残ってしまう人をそう呼んでいます。

 

 

じゃあ、なぜ右に体重が残ってしまうのか?

 

それは、右足軸でインパクトしているからです、

でも、右足軸になるのは、体重が残っているわけではありません。

 

切り返し直後のダウンスイングで、手でボールを打ちに

いっているのが本当の原因なのです。

 

それでは、どうやって克服するか?

 

手で、打ちにいかないで、下半身の回転でダウンスイングを

開始すれば、明治の大砲にならないわけですが、

 

それでも右足軸が染み付いてしまっている人は

左足軸で打てばいいのです、当たり前ですよね。

 

普段よりも少し狭いスタンスでアドレスしたら

そこから右足だけつま先立ちにするんです。

 

右のつま先の位置は、左足のかかとに揃えておくことと、

右足の筋肉が緩んでいることを確認できたら

その形で、ボールを打ってみましょう。

 

その状態だと、テークバックが小さくなりますが

何球か打てば、左足軸でダウンスイングする感覚が

掴めるでしょう。

 

普段のあなたのスイングよりはるかに

綺麗なスイングになり

ナイスショットも増えるでしょう。

 

このイメージをしっかりと体に覚えこませるのです。

 

そのとき、大切なことは、手の力を抜くことです、

手の力が抜けているほど、体の回転がスムーズになるでしょう。

 

f:id:t6911:20170222192008j:plain

 

それでも、まだ回転が上手く出来ない人は

伸びあがる方向に力を使ったり、ボールがある方向に

力を使っているからではないでしょうか。

 

そんな人は、今よりもっと下に向かって

力を使う意識が必要です。

 

具体的に言うと、

左腰を下げるような意識を持って

ダウンスイングをしてみて下さい。

 

いずれにせよ、スイングを直すときは

大胆にすることです。

 

違和感を感じなければ

スイングは変わらないものです。

 

それが、練習というものです。

 

下半身から切り返しているつもりでも、

上半身や腕が先に動いてしまったり

右腰が先に動いてしまうと

ダウンスイング以降は右足が軸になってしまい

回転不足や明治の大砲の原因になってしまいます。

 

トップにクラブが収まる前に、左腰を一番最初に

動かすことで、切り返すのです。

 

www.tatsujin72.com