達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

パットはタッチやラインじゃなく芯で打つこと

スポンサーリンク

 

パットの上手いゴルファーに共通すること、

それは、常にパターの芯でボールを捉えていることです。

 

 

芯で捉えれば、きれいな順回転で、傾斜や芝目に

負けることなく、スーッと伸びていきます。

 

止まりそうになっても、最後のひと伸びがあり

カップに届きます。

 

逆に、パターの芯で捉えられないと、途中まで

ラインに乗っていてもカップの手前で、弱々しく

曲がったり、切れたりする。

 

マチュアは、

カップの手前で止まると、

【タッチが弱かった】、

左右に切れると、

【ライン読みが違っていた】と

考えますが、その本当の理由は、

芯で打てていないケースが多いのです。

 

f:id:t6911:20170111130837j:plain

 

 

芯で打っていないボールがカップインしても

それは単なるラッキーで、失敗パットなのです。

 

そのことに気付かないかぎり、パットの本当の上達は

望めないのでしょう。

 

パッティングにおける大事な要素に距離感があります。

 

その距離感においても、

たとえ、同じストローク幅で打ったとしても

芯で打った場合とそうでない場合は、

結果においてはかなり違ってきます。

 

この振り幅なら、5メートル転がるといった

あなたの法則が成り立たないのです。

 

芯で打てないと、いつまでたってもあなたの

距離感は確立しないのです。

 

パターの芯はブレードのど真ん中とは限りません。

 

f:id:t6911:20170215213544j:plain

 

パターのフェースにボールを何度か落としてみて

芯を探って下さい。微妙ですが、パターの芯に当てれば

弾きも違いますし、音も違います。

 

そして、パターの芯で打てば、パターブレードはブレませんし

ボールが当たる感触は軽く感じます。

 

パッティングというと、タッチやラインばかり

気にする人が多いけれど、それ以前に大切なことは、

パターの芯で打つこと。

 

このパターの芯に当てる練習は、家のパターマットでも

できますよね。

 

この積み重ねが、あなたをパット名人に導くのです。

 

www.tatsujin72.com