達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

スライスの原因はボールの位置かも?

スポンサーリンク

最近どうも当たりが悪い、曲がりが大きいと

感じているあなた、

 

 

それは、スイングの問題ではなく、ボール位置の

問題かもしれませんよ?

 

 

ボール位置のわずかな変化に気付くプレーヤーは少ないでしょう

まして、そのボール位置で、長い間プレーしている

ベテランゴルファーなら尚更です。

 

クラブヘッドがボールに正しく当たるためには

ボールの位置が重要であることはいうまでもありません。

 

スライスが出るために、その場しのぎで、手を返したり

フックを防ぐために、フェースが返らないように

調節したり・・・

 

ボール位置が間違っていると、スイングそのものが

崩れてしまいかねないのです。

 

スライスやフックを直すためには、ボール位置を変えてみても

損はないでしょう。

 

f:id:t6911:20170215153232j:plain

 

本人の打ち方や、打ちたい球、ライによって

ボール位置は変わってくると思いますが

今回は、平らなライで、ストレートボールを

打つためのボール位置について考えてみましょう。

 

大きく分ければ以下の2パターンに分けられます

 

1)どのクラブでもボールを置く位置は一定にする

 

2) クラブによってボールの位置を変える

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

1)の場合、多くのゴルファーは、左かかと内側線上に

 ボールを置いています。

 しかしこの場合は、積極的な体重移動とそれなりの技術が必要なので

 一般アマチュアはボール位置を変えたほうが、

 スイングが、よりシンプルになるので個人的にはおすすめです。

 

その場合のボール位置ですが・・・

 

ドライバー左脇線上もしくは左かかと内側線上

       自分の打ち方と相談しながら、より打ちやすく

       望む球筋がでる位置を見つけてください。

 

ショートアイアンスタンス中央

 

ミドルアイアンスタンス中央から左、ボール1,2個分。

 

フェアウェイウッドドライバーとミドルアイアンの間

 

以上は一般的にいわれているボール位置ですが、

ゴルファー全員に共通するものではありません。

 

f:id:t6911:20170215153149j:plain

 

それぞれ、体型、筋力、打ち方などにより違ってきますので、

いろいろ試しながら、左右だけでなく、前後に動かしてみて

しっくりくる、気持ちよく打てる位置を見つけて下さい。

 

 

又、ボール位置をあえて変えてみることで、

色んな球筋のボールが打てることも発見できるかもしれませんよ

 

大事なことは、時折、ボール位置をチェックすること!