達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

パットは技術より、リズムとテンポ。

スポンサーリンク

パットにあまり時間を掛けるのは、

どうなんでしょう?

 

 

コースにおいて、イライラすることの一つに

前の組が、グリーン上で、時間を掛け過ぎていること。

 

あなたも経験ありませんか?

 

前から見て、後ろからみて、しゃがみ込んでラインを読み

長いパットなら、中間地点で素振りをしてから

ボールの所に戻り、再度、素振りをする。

 

さあ、打つのかと思ったら

仕切り直しをして、ラインの再確認。

f:id:t6911:20170214115606j:plain

 

どんなに慎重にラインを読んだところで、打ちそこなうときは

打ちそこなうのです。

 

プロの真似ですよね、悪いこととは言いませんが、

他のプレーヤーのパットをしてる時、出来ることはあるはず。

 

後続組に迷惑を掛けないためのマナーともいえます

 

 

時間をかけた上でのパットのミスは、試行錯誤した分だけ

自分の感覚に疑いを持ち、混乱させ、

次のパットやショットにまで

狂わせてしまうこともあります。

 

我々は、プロではありません、

この一打で、人生が変わるというような

ことはありません。

 

パットは入るか、入らないかの二つに一つだと割り切ることです。

 

f:id:t6911:20170214115628j:plain

 

先週、AT&Tぺブルビーチプロアマで、

優勝したジョーダン・スピースは言っています、

 

「素振りはしません、そういった技術的なものより

自分のテンポ、リズムを大切にしている」と。

 

パットの名手の言葉だけに、説得力がありました。

 

あまり、時間を掛けてライン読みをしたり、

素振りを繰り返しても

入らないものは入らないのです。

 

逆に、見たまま、感じたままにポンと打ったら入ることもあります。

 

3メートル先のゴミ箱に、下手で、投げ入れるとき、

その前に、何度も腕を振るなんて普通しませんよね。

 

感覚を大事にしましょうってこと!

 

いつものリズムでアドレスに入ったら、あとは、カップに集中する。

 

パットは、技術より、リズムとテンポ。

 

あのスピースが言ってるんですから、今年はこれでいきましょう!