読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

達人は、雪のちらつく京都にいた

スポンサーリンク

 

 

達人は、京都にいた

 

所用で、三日間ほどの滞在でした。

 

ちょっとしたトラブルもあったが、

程なく解決し、時間ができたので、懐かしい

京の町をぶらりとしてみた。

 

f:id:t6911:20170210093745j:plain

 

底冷えする京都の冬。

 

比叡おろしの冷たい風が

町行く人の襟を立てている。

 

その凛とした冷たさが、町の明かりを、

一層、冴え冴えとしていた。

f:id:t6911:20170210195406j:plain

 

 

とにかく、あらゆる場所で、

多くの外国人ツーリストが目に付いた。

 

原色系のパーカーを着た東洋系の一団や、

大型キャリーバッグを引いた西洋人の

個人ツーリスト。

 

私が所用で、最初に訪れた、知恩院そばの

古くて狭い、人通りの少ない商店街でも、

アジア系の団体一行とすれ違ったくらいだ。

 

 

f:id:t6911:20170210095949j:plain

 

当然、人気の四条河原町から八坂神社への道は

外国人観光客で溢れかえり、様々な言語が

飛び交っていた。

 

 

 

花見小路の、灯ともし頃の美しさは、国籍に関係なく

誰もが認めるところだろう。

f:id:t6911:20170210093831j:plain

 

 有名な甘味処には、長い行列が出来ていた

 

知恩院の近くから、四条烏丸の手前まで歩き、

ホテルのチェックインを済ませ、

もとの道を戻る。

 

京都に行くたび、顔を出す小さな店がある。

 

四条大橋祇園の間の路地を少し入った所にある

古い、いわゆる昔ながらの喫茶店だ。

 

f:id:t6911:20170210094756j:plain

 近くには、お洒落な大型スタバや、タリーズ

もあるけれど、朝は、ここで、コーヒー2杯が

私の定番なのだ。

 

愛想のないマスターが淹れるサイフォンコーヒーが

何より、美味いし、ボクを落ち着かせる。

 

明日の朝が楽しみだ。

 

 

そして、もう一軒、行かなきゃいけないとこがある。

ここもなんの変哲もない、小さな店だ

f:id:t6911:20170210100938j:plain

 

メニューも多くはないが、一品一品、納得の味、

いわゆる京のおばんざいである。

 

女将さんの「おいでやす」、「~で、よろしおすか?」

を、聞きたくてつい覘いてみたくなる店なのである。

 

店を出ると、雪がちらついていた。

 

西日本は大雪の予報、

京都の春は、まだしばらくお預けのようだ。

 

f:id:t6911:20170210101400j:plain

さあ、ホテルに帰ろう。

 

京都は、歩いて想う町だ。

 

www.tatsujin72.com