達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

雨の日のゴルフ、どうしましょう?

スポンサーリンク

雨の日のゴルフ

強風下のゴルフ

あなたは、どちらがラクですか?

 

 

私は両方とも、嫌いです。

 

皆さん、そうですよね。

でも、ゴルフは、

晴れの日ばかりじゃありません。

 

プロは、

風の計算は難しいし、予想がつかない。

 

雨の日は、却って集中力が増すし、

グリーンも止まりやすくなって、

好スコアが出やすいと

雨の日のゴルフに軍配が上がるそうです。

 

 

では、考えてみましょうか、

アマチュアの、雨の日のゴルフについて・・

 

f:id:t6911:20170212201427p:plain

 

※飛距離が落ちる

 

ボールに、質量のある雨粒が当たるわけですから

当然、飛距離に影響を及ぼします。

 

それより、直接的な影響は、地面が濡れているため

ランが出ないことです。

 

ドライバーやFWなどは、ボールとクラブフェースの間に

水が入り、バックスピン量が減り、ボールが上がらず

そのため、距離が出ないということもあります。

 

ただし、アイアンの場合は、バックスピン量が減ることで

予想以上に飛んでしまうこともあります。いわゆるフライヤーと

同じ現象が起こってしまうことがあるので、注意が必要です。

 

※ウェアとの関係

 

この時期、雨が降ると、気温も低くなります。

 

普段より、セーター一枚多く着るだけで、肩の回しや

フォローからフィニッシュ部分で、窮屈なスイングになってしまいます。

まして、レインウェアを着こむとなると、

そのゴワゴワ感が、スイングに微妙な影響を与えるのは

ご存じの通りです。

 

フルスイングは当然、出来ません。

 

※ゴルファー心理

 

スイングリズムが、速くなりがちです。

 

早く、ショットを済ませてしまいたいと

思うのは、私だけではないでしょう。

いつもの、リズムではないということは

ミスショットが出てしまう可能性が大ということです。

 

f:id:t6911:20170212204617j:plain

 

※雨の日ゴルフの対策

 

グリップ、ボールを小まめに拭く

 

グローブを多めに用意する

 

防水加工で、軽めのシューズを履く

 

アイアンなら、いつもより番手を上げ

 コンパクトスイングを心掛ける

 

●ドライバーなら、もちろん7割スイングですよね

 

晴れの日のゴルフだけが、ゴルフじゃないと思う事

 

すべてが勉強、修行だと納得すること

 

雨ゴルフも結構楽しいもんだと思えれば

最高なんだけどね!

 

www.tatsujin72.com