達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

左手グリップで、あなたのゴルフが変わる

スポンサーリンク

あまりに、疎かにしていませんか?

 

ゴルファーの持つエネルギーを余すとこなく

クラブに伝える唯一の接点である

グリップのことです。

 

 

 グリップに関して大切なポイントが、3点あります

 

1、クラブの握り方

 

 ゴルファーのほとんどが、左手を下から握っています。

 これだと、うまくコッキングが使えず、飛距離にも

 影響を与えます。

 

   クラブに対して、左斜め上から握るのです。

 

 小指の付け根から

 人差し指の第2関節にかけて

 クラブをあてがってください。

 指と垂直にべたっと握ってはダメです。

 

f:id:t6911:20170205172950j:plain

 

 左手は上から下にクラブを

 少し押さえつけるような使い方であり、

 右手は指先で、クラブを持ちあげるような使い方です。

 

 そのままの力の使い方をして

 体を右に捻れば、適正なコックが入った

 締まったトップを作れるのです。

 

 この、左手と右手のテコの原理で、トップでも

 手元は緩まないし、グラグラしません。

 

f:id:t6911:20170205173051j:plain

 

2、どの指で握るのか

 

 もちろん、左手全部で、握るのは、間違いないのですが

 特に、小指、薬指、中指をしっかり握って下さい。

 このことは、昔からのセオリーで皆さんも承知していると思いますが、

 プレッシャーのかかる場面では、つい全部の指で、強く握ってしまうので

 注意して下さい。

 右手について言えば、薬指と中指で、

  クラブを支える感 覚です

 

3、クラブを握る強さ

 

 前項でも触れましたが、しっかり握るというのは、

 どの程度のしっかりなのかという問題です。

 

 クラブが落ちない程度とか、

 

 クラブに指が引っ掛かっていればいいとか、

 

 10段階で言えば、3~4くらいの強さとか

 

 よく言われますが、

 それぞれ、手の大きさや指の長さや握力、

 使っているグリップの太さもそれぞれ違います。

 

 個人の感覚もあるので、表現が非常に難しいですが、

 練習の中で、いろいろ試しながら

 

 あなたの手の中で、クラブがぐらつかない

 最小限の力加減を見つけて下さい。

 

 

  ツルツルのグリップ

 フィット感が失われたグローブでは

 ついついグリップを、強く握ってしまうので、

 注意して下さいね!