達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

アイアンを上手く打つコツは、両肩の高さだった

スポンサーリンク

先日、練習場でいつものようにアイアンを打っていた。

 

当たりはそんなに悪くない、

弾道の高さが少し物足らないだけだ。

 

 

50球ほど打ち小休止、ぼんやりと

フィールドを眺めていた。

 

そんな時、フトと、思いついた。

 

f:id:t6911:20170130154353j:plain

 

それは、アドレスを取ったときの両肩の高さです。

 

時折、ダフったり、滑らかな回転が出来ず

フィニッシュがピタッと収まらないのは、

アドレス時に、右肩が左肩より

下がっているからではないのか?

 

両肩が地面と平行に構えたら、

上手くいくんじゃないだろうか?

 

一休みしている場合じゃない、

早速、試してみた。

 

いい。いい。いい感じなのだ!!

 

ドライバーの場合、

アドレスを取ると、右肩が

少し下がるのが普通だ。ボールは左に置くし、

スイングも若干、アッパー軌道になるからだ。

 

アイアンの場合で言うと、ボールは中に入れてるし

ダウンブロー気味に打つとなれば、

右肩が下がっているアドレスは理に適っていない。

 

そんな当たり前の理論に行き付いたのだ。

 

ここで、何とも、滑らかで、心地良いアイアンの

打ち方のおさらいをしたい。

 

● 体重の配分は、左が6、右が4、

 両肩を地面と平行に構えようとすると、

 自然とそのような配分になります。

 

 

● 体重移動は、スタンスの幅の中だけです。

 左体重のままの方が打ちやすいと思えば、

 ムリに体重移動を意識する必要はありません。

 

覚えて欲しいのは、地面と平行の両肩をそのまま平行を

保ったまま、回転して欲しいということですから。

 

 

● テークバックはハーフで、止める意識でいいでしょう、

 実際は、ハーフで止めようと思っても、惰性で、

 過不足ないトップに収まるはずです。

 

 

● ダウンスイングにおいては、あまり上から

 打ち込む必要はありません。

 緩やかなダウンブローと言うべきでしょうか?

 

例え、多少、ボールの手前から、入ったとしても、

ソールが滑ってくれます。

 

最近のアイアンは、低重心で、

球が上がりやすい構造になっています。

 

ここで、大事なポイントがあります。

 

ダウンスイングは、左腰で、手を引っ張り下ろして

くる感覚をぜひ覚えて下さい。

 

つまり、この一瞬の時間差でタメが生まれるのです。

 

フォロースルーは、やはり左腰がキーになります。

インパクト以降は、素早く、左腰を真後ろに引くのです、

こうすることで、体が左に流れず、

きれいにターンできるのです。

 

www.tatsujin72.com