達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

テークバックとは、右足をねじること。

スポンサーリンク

テークバックをしたとき、右膝を

動かすな、とよく言われますよね。

 

1ミリ足りとも、流れてはダメだという

プロもいます。

 

  

そのワケは、

 

 

体が流れない、つまり軸がズレない、

 

ダウンスイングに向けて、

右太腿、膝、ふくらはぎにパワーが

溜まるということです。

 

右膝で、体重を受け止められず、

横に流れてしまうと

体の上下動も発生します。

結果、ダフり、トップが起こることになるからです。

 

右サイドにしっかりパワーを溜め込めば

体は、自然にダウンスイングに入ります、

そのきっかけは、右足の蹴りです。

 

言い換えれば、右足で、地面を強く踏む

動きです。

 

そのことにより、体(腰)の回転が促され

それに伴い、当然、手の振りも速くなります。

 

つまり、体の回転のスピードとクラブの

ヘッドスピードが上がることによって

大きな飛距離を生まれます。

 

下半身も安定するので、方向性も

確保されます。

 

このように、右足で、しっかり体重を

受け止めることは、ゴルフスイングにおいて

重要ポイントの一つなのです。

f:id:t6911:20170123150722j:plain

 

右サイドの受け止めをさらに詳しく

説明すると、

トップでは、右足10本の指で、地面をギュッと

掴み、右足全体(足首、膝、太腿)をねじる感覚です。

右足をねじれば、体もねじれます。

 

この感覚を覚えるかどうかで、ゴルフが変わります。

 

右足が突っ張って、棒立ちになっていませんか?

右足がつっかえ棒で、ただ左に倒れこむスイングに

なっていませんか?

これだと、右足はねじれていませんよね。

 

テークバックでは、右足で地面を掴み、

ねじり上げ、そこから一気に、ダウンスイングに向けて

ねじりを解放するのです。

 

ねじったゴムが

ビュンと元に戻るイメージです。

 

驚くほどのスピードで、インパクトの瞬間を

迎えることができるでしょう。

 

背も高く、パワーのある人は

体の中心を軸にした回転運動でも、飛ばせますが、

一般のアマチュアは、この右足の蹴りを入れた

体重移動で、飛ばすべきなのです。

 

飛距離と安定性を決めるこのテークバックと

右足の使い方を再点検しましょう。