読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

飛ばない人は、左脇の締まりがない。

スポンサーリンク

飛ばす人の特徴は?

 

体の回転と手の振り、それに加えてクラブヘッドの

動きが一体化している。

 

飛ばない人の特徴は?

 ヘッドスピード不足や筋力や柔軟性が足りないこと、

テークバックでのスエーなどは、当然飛ばない原因になりますが、

ダウンスイングに関していえば、

 

・手先だけで、ボールを打ちにいく

 

・体の回転(フォロー)がなく、打って終わりのスイング

 

・フォローで、腕が体から離れている

 

などが、挙げられます。

 

飛ばないアマチュアで、特に目立つ欠点はフォローで、

左脇が開いてしまっていることです。

 

インパク以降は、クラブを大きく放り出すように

というレッスン記事も多い。

 

確かにスイングアークは大きくなる気はしますが、

ボールに伝わるパワーはロスしています。

 

放り出した瞬間、体の回転にストップがかかるからです。

f:id:t6911:20170123191302j:plain

 

パワー不足のアマチュアは、

やはり体の回転運動を使い、

ボールを包みこむように打ったほうが、

パワーを発揮できます。

 

遠心力で、体から離れていこうとするクラブを

左脇を締めることで、グリップを体の近くを

通すのです。

 

つまり、両手とグリップ部分で出来る三角形を

小さく使う感覚です。

 

もう一つ、左脇を締めることの利点は、

 腕のターン(腕の返し)が自動的に出来るという点です

 

 

もっと大きい弧を描くスイングが

飛ぶんだと信じて疑わなかった人は、

やや物足りなく感じるかもしれませんが、

実際はこのコンパクトスイングが、

何一つムダがないパワースイングなのです。

 

www.tatsujin72.com