達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

アプローチスピン4つの法則

スポンサーリンク

アプローチで、スピンをかける方法です。

 

プロみたいに、ピン奥に打ち、強烈バックスピンで

ピンに寄せるのではなく、グリーンに乗ったら

2バウンド目くらいに、ピタッと止まるスピンです。

 

 

プロのような、バックスピンは、

スピン系のボールを使用し、

 

メーカーから支給された

溝たっぷりの新しいウェッジで、

 

ある程度ピンまで距離があって

フルショットが出来、

 

しかも、かなりのヘッドスピードが

ないと出来ないのです。

 

マチュアでも、たまのたまに、

バンカーショットやショートアイアンで、

気持ちよくスピンがかかり、

同伴者から、「おー、スピン、スピン!」といわれ、

無茶苦茶嬉しい時もありますが、

じゃあ、もう一度、打ってくれって

言われても、出来ないんですよね、 これが。

 

でも以下の3点さえ守れば、打てるんです、

カッコいいスピンショット。

f:id:t6911:20161120210317j:plain

 

クラブのフェースを少しだけ開く

 開いたフェースを目標にセットするので、当然スタンスも

 少し、オープンになります。

 

❷次にヘッドを入れる位置、これ大切です。

 ボールの少し手前にヘッドを入れ、ソールを滑らせます

 

 きっちりヘッドを入れるのではなく、少しダフらせる感じです。

 

 手前から、ソールを滑らせるから、フェースにボールが乗り

 スピンが掛かるのです。

 

 上から、ボールにきっちりとコンタクトさせ、左に抜いていく、

 いわゆるカット打ちは、逆に、本当のダフりになる恐れがあります。

 

手首は、柔らかく使いましょう

 

 ガチガチの手首は、ミスを誘発します。

 柔らかく使えたほうがヘッドスピードは上がります。

 

 あとは、結果を恐れず、振り幅を決めたら、

 スパッと振りぬきましょう。

 

フォローでは、手首を返さないこと

 

 ボールとフェースとのコンタクト時間を

 長くさせたいためです。

 

 フェースを返してしまうと短時間で、

 ボールがフェースから離れてしまい、

 スピンが掛かりません。

 

 あとは、練習で、この技術をモノに

 して下さい。

 

 きっとあなたは【スピン王】と呼ばれ、

 仲間からは、常に羨望のまなざしで

 見られるでしょう!?