読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

もうゴロはいやだ・・・トップを直す4つの秘密

スポンサーリンク

 

※トップとは?

 

トップとは、ダウンスイングで、クラブがボールの

頭を叩き、ゴロになってしまうこと。

 

ナイスショットとは、紙一重なんですが、

ダフりと同様、ゴルファーを悩ませる

ミスショットの一つです。

 

 

ダフりより、ボールが前に飛ぶだけ、マシだと

いいますが、やはりショックは大きいですよね。

 

フェアウェイからならまだしも、

グリーンに近くなってからのトップは、

OBや、大トラブルもあり得るので、特にコタエマス。

 

※なぜ、トップが発生するのか?

 

テークバックが小さい場合、それを

 補おうとして、クラブを速く振ろうとしたり、

 飛ばそうとして、膝が伸び、体が起き上がってしまう。

 

ボールを上げようとして、右足体重のままに

 なっている。

 クラブヘッドがボールに届いていないんですね。

 

ダフりたくないので、打つ瞬間、クラブを

 持ち上げてしまう。

 

結果を早く知ろうとして、ヘッドアップしてしまう。

 

 

主に、この4点が考えられます。

f:id:t6911:20170117174944j:plain

 

※じゃあ、どうすれば、トップを止められるのか?

 

 当然、トップする原因の反対のことを

 すればいいということですよね。

 

其の一、 まず、打ち気にはやらないこと

     極論すれば、トップの改善はこれだけといっても

     いいでしょう。リズム、テンポを見直しましょう。

 

其の二、 体重がしっかり左に乗ってから、打つようにする。

     其の一、と関連しています。

     切り返しに、一瞬の間(マ)を入れましょう。

     そうすれば自然に体重が左に乗ってきます。

 

 

其の三、 インパクト以降、左肩がすぐに上げない意識が大切

     球を上げようとすると、左肩がすぐ上がってしまいます。

 

     言い換えれば、

     ダウンスイングで、右肩が下がらないように

     意識することです。

 

其の四、 左腰を地面と平行に回転させること

 

     これを意識すれば、ヘッドアップは起こりません。

 

     体の回転が使えず、

     手だけで、ボールを打ちにいっても

     トップが出てしまいますからね。

 

f:id:t6911:20170117175023j:plain

 

最初に、トップは、ナイスショットと紙一重と

いいました。

 

フェアウェイバンカーで、トップなら、OKですよね、

ダフってバンカーから、出ないときの、100倍嬉しい。

 

クラブヘッドが、あと1センチでも、

ボールの下に入れば、

間違いなく、ナイスショットなんですから。

 

あまり、気にすることはありません。

 

あと、たった1センチ、体が沈んでボールを

打てればいいと思うことです。

 

スイングは、手は上に上がり、腰は横に回転する、

スイングは、タテとヨコの組み合わせです。

 

スイングは、結局、コレなんです。

 

これを頭に置いて、ノビノビ振りましょう。

 

ミスを恐れて、縮こまってはいけません。

 

もう一回、トップを打ってやろうぐらいの

気持ちで、振りましょうよ!