達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

FWを打ちこなす7つの秘訣。

スポンサーリンク

 

フェアウェイウッド(FW)が使えれば、大変重宝します。

 

ロングホールや、距離が残ったミドルホールの2打目、

長めのショートホール、ティーショットにも使えます。

 

でも、このFWを苦手にしているアマチュアは多い。

 

 

 

何故、アマチュアはFWが苦手なのか?

クラブ自体が長い、つまりシャフトが長いことや

ロフトが立っていることが挙げられます。

 

特に、芝の上から、打とうとすると、

当然、ティーアップしてないわけですから、

ドライバーのように、すくい打ちは出来ないので

それなりの技術が要求されますし、

 

FWを持っているんだからと、

それ相応の距離を欲しがります。

つまり、そこに、リキミが生まれるからです。

 

打ち方は2通り

よくいわれるように、FWの打ち方は、

アイアンのように上から打ち込む打ち方と、

芝をほうきで掃くように、ソールを滑らせる

打ち方の2通りです。

f:id:t6911:20170118164511j:plain

 

しかし、私は、このソールを滑らせる打ち方は

納得いかないのです。

これだと、どうしても、球を上げようとする

動作が入る気がします。

 

トップになりそうなイメージしか浮かびません。

 

FWは、ロフトがないので、ボールを上げるためには、

上から、打たないといけないと思うのです。

 

アイアンのように鋭角ではなく、鈍角にフェースを下してくるのが、

正当ではないでしょうか?

 

※打ち方のポイント

 

シャローフェースのFWを使う

 

 シャローフェースとは、ヘッドの厚みが少ないクラブです

 逆のディープフェースに比べて、

 印象も実際も球が上げやすい構造です。

 ポイントではありませんが、おススメです。

 

3センチほど、グリップを短く持つ。

 ボールまでの距離が短くなりますし、

 クラブが扱いやすくなるでしょう。

 

ボール位置は、ドライバーより、二個分、中に入れる

 

 それぞれのスイングの個性があるので、いろいろ

 試してみて、自分にとって最適な場所を見つけてください。

 

70%スイングを心掛ける

 

 飛ばそうとしない。しっかりコンタクトすることを

 考えましょう、飛距離もさほど、変わらないものです。

 

低い球を打とうとする意識をもつ

 

 何度も触れますが、球を自分で、上げようとしないことです。

 

インパクト以降の左腰の回転を忘れない

 

 すべてのショットの基本ですよね、体を止めて手だけで

 打ちにいくから、ダフり、トップ、

 さらには空振りなんかもしてしまうのです。

 

とっておきの打ち方を伝授しましょう

 

 ボールの手前に、クラブのソールをトーンと

 軽く打ちつけてみて下さい。

 勝手にソールが滑って、ナイスショットが生まれます。

 ぜひ、トライしてみてください。

f:id:t6911:20170118164300j:plain

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ちなみに、私は、3Wをバッグから、抜いています。

理由は単純、難しいし、ナイスショットの確率が低いからです。

 

打ったあと、アイアンで打てば良かったと思う事、よくあります。

 

バッグに入れてれば、どうしてもロングの

2打目なんかに使いたくなってしまうからです。

 

その代わり、5W,7Wが、いい仕事をしてくれます。

 

あなたも、1本でいいので、得意なFWをつくることが

できれば、きっとゴルフが変わりますよ。