達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

コックはなぜ必要なのか?すべてお教えしましょう

スポンサーリンク

コックのイメージは、

カナズチで、右斜め上から、釘を打ちつける時の

右手の甲側に折れた角度に、似ていると言われます。

 

上手い例えだと思います。

 

※じゃあ、なぜテークバック時にコックを

 入れなければならないか?

 

なぜなら、コックを入れないと、

左腕とシャフトが一直線になり、

いつまでたってもトップが決まらないからです。

 

もちろん、左手が伸びきったところが

トップといえますが、

今度は、ダウンスイングに入るきっかけが

難しい。

 

 

女子プロの笠りつ子選手は、ノーコックスイングで、

知られています。

(でも実際は、多少のコックは入ります)

 

彼女の場合は、体幹が強いし、

左手で、クラブを引きつけてからの

体の回転がずば抜けて速いからです。

 

下半身が強いから、出来る技です。

 

一般のアマチュアには、難しいでしょう。

f:id:t6911:20170117133719j:plain

 

※コックを使う最大の利点は

 

コックを使うことによって、タメが出来、

シャフトのしなりを利用することにより、

ヘッドスピードが上がるからです。

 

そして、コックを使えることによって、

ショートアプローチが劇的に上達します。

 

グリーン周りを行ったりのたりしている

ゴルファーを見てみると、

コックを使った小さなトップを作れていません。

 

ズーッとクラブを、後ろに引っ張り

距離以上の大きなトップになってしまい、

さすがに、ダウンの瞬間、

このままでは、大きいということを察知し、

インパクトを緩めて調整しようとします。

 

その結果、ダフったり、トップしたりして、

あなたは、ピンを目の前にして

途方に暮れるわけです。

 

小さなショットでも、インパクトは、

緩めてはいけないのです。

 

※いつのタイミングで、コックをいれるのか?

 

テークバックを始めて、手が右腰手前くらいにきたら、

徐々にコックを入れ始めます。

 

トップは、大きくなりません、

コンパクトな締まったトップが、

出来上がるでしょう。

 

アプローチの時は、素早くコックを入れます

 

難しいと感じれば、

アドレスをしたときの右手のグリップを、

はじめからすこし甲側に折っておく方法もあります。

 

そのままの形を保ったまま、テークバックに入るのです。

f:id:t6911:20170117133811j:plain

 

※リリースのタイミングは?

 

ダウンスイングはそのコックを保ったまま

下してきます。

 

早めに手首の折れを解放(リリース)してしまうと

ダフってしまい、コックを入れる意味がなくなって

しまいます。

 

リリースするタイミングは、言葉で表すと

非常に難しいのですが、クラブヘッドがボールに当たる

5センチ前が、リリースするタイミングだ

私は言い切りましょう。

 

※最後に、忘れてはならないこと

 

手首や右腕は、常にリラックスさせておく,

その為にも、グリップは強く握らないことを

忘れないように !