達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

絶対にスライスしない7つのポイントはこれだ。

スポンサーリンク

 

今日で、スライスに、オサラバです。

 

今年のあなたは、《去年とは、ちょっと違うぞ》ってところを

ライバルに見せつけましょう。

 

 

もう、右は怖くありません。 

弱々しく、OBゾーンや、谷や池に消えていくボールを

あなたは、もう二度と、見ることはないでしょう。

 

以下の7つのポイントを、守れば、大丈夫です。

 

すべてを、一度にチェックは難しいとは思いますが

根気よく、一つ一つ、身に付けて下さい。

f:id:t6911:20170116200917j:plain

 

 

肩のラインは、目標より、若干右を向く

 

 打ちだす方向を決めるのは、肩のラインです、

 スタンスの向きでは、ありません。

 

フェースは、打ちたい目標に向ける

 

 当然、ボールは、フェースの向いている方向に

 飛びますからね。

 

テークバックは、真っすぐ上げる、

 

 フックを打とうと考えて、

 インサイドに引っぱってはいけません。

 

 不思議なもので、インサイドに引いてしまうと、

 ダウンは、アウトから下りてくるものです。

 

ダウンスイングで、大切なことは、クラブヘッドが直に

 ボールに向かわずに、ボールの手前15センチ程前に落とすことです。

 

  直に、ヘッドをボールに向かって振り下ろすから、

 アウトサイドインの軌道になり、

 スライスを発生させるのです。

 

 また、手前に落とすことを意識することで、

 右脇も適度に締まります。体重も右に残ります。

 

そこからは、地面と平行にヘッドを走らせる

 

 ヘッドをすぐに、跳ね上げず、低いフォローをとる感じです

 

インパクトの瞬間は、左脇をキュッと締める

 

 右手を返そうと思わなくても、勝手にヘッドが返ります。

 

スイング中は、常に、右足を上げない

 

 フォローでは、結果として、上がりますが、この意識が

 重要です。韓国の女子プロたちは、この意識が高いようです。

f:id:t6911:20170116200937j:plain

 

 かつて、ドロー教の熱心な信者だった私が言うのですから

 間違いありません。

 

www.tatsujin72.com

 

 

 追伸:

 右に曲がらない代わりに、どれだけ、左に曲がるかは、

 責任は持ちません、悪しからず。