達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

オレ様が外すワケがない・・この気持ち、大切です。

スポンサーリンク

 

あなたも、パットの練習は

自宅ですることが多いと思います。

 

出来れば、一日に一回はパターに触りたいものですね。

 

 

一回、5分で十分です、

距離は1メートルで良いでしょう。

 

1メートルなら、絶対、外さないと

思えるまで、練習して下さい。

 

 

単調で面白味のある練習ではありませんが、

実戦では、この地道な練習が効いてきます。

 

どんなショットより、スコアに貢献します。

 

ゴルフはこの短いパットから始まります。

 

ドライバーから始まるのではありません。

 

ゴルフの流れを作るのは、ショートパットを

入れるかどうかなのです。

 

それには、パターの芯でボールを打つことがとても大切です。

 

しっかり芯で打たなければ、

ボールの方向性、直進性に大きな影響を及ぼします。

 

さらに、これは微妙で難しい表現ですが、

打ったとき、ボールが、一瞬、

パターにしっとりと、くっ付くような

感覚を体得出来れば、最高です。

 

そのためには、行きと帰りのスピードを

同じにしなければなりません。

 

パンチが入らない、ラインに乗せる打ち方です。

 

 

そして、パットの基本は、

まっすぐ引いて、まっすぐ出すこと

言われています。

 

簡単そうで、これが結構難しい。

 

私も、大変苦労しました。

 

アウトに引いたり、インに引っぱったり。

 

コースでは、真っすぐ引けているのかどうか気になり、

目線が、ついついパターヘッドを追いかけてしまって、

結果インパクトがおろそかになり、

当然、パターの芯に当たらない。

 

悪循環。

距離感も合わないし、

短いパットも入らない有様でした。

f:id:t6911:20170111222304j:plain

 

 

悩みもさらに深くなってきたのですが、

自宅のパターマットで、何度か転がしているうちに、

それは、静から、いきなり動に入ることによる

弊害だと判りました。

 

始動するきっかけは、様々あると思います。

 

・体内で、リズムを打ってスタートする

 

・パターヘッドを、軽くトンと、地面につけてからスタートする

 

・目線を打ち出し方向から、ボールに戻したタイミングでスタートする等、

 

私の場合は、フォワードプレス(フェースをほんのわずか打球方向に

傾ける)が、一番しっくりきました。

 

このルーティーンを繰り返すことにより、

テークバックに関しては

不安はほぼ無くなりましたし、

 

 

右手親指をまっすぐグリップの上に

乗せることで、より、改善されました。

 

貴方は、どんなきっかけで、スタートさせていますか?

 

 

 

でも、テークバックだけ良くても、

カップインできる保証はありませんね。

 

あとは、あなたの気持ちの問題です。

 

打たないと入らない。

 

届かないと入らないんです。

 

こんな短いパットは、ウンザリするほど毎日、毎日練習した、

このオレ様が外すわけがない!

 

・・・この気持ち、結構大切なんですよ!