達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

ゴルフ、小さなお土産でも持ち帰る?

スポンサーリンク

昨日の「50%の…」を、見てくれた友人から、

「そうは言ったって、どうにもならない日もあるだろ!?・・」

のメール。

 

現実として、確かに、そんな日もあるかもしれません。

 

 

ゴルフでなくたって、

会社に行く途中、急いでいるのに、

赤信号にばかり、捕まったり、

 

コンビニに寄って、買い物した時、

あと一個、1円玉が無かったばっかりに、

財布が重たく、膨れ上がるし、

 

忙しいときにかぎって、同僚は風邪ひいて休みだし、

 

クレームの客は、なかなか納得してくれないし、

 

おまけに、コピー機の紙詰まり・・・

 

まあ、ありますよね、こんな日も。

 

ゴルフでも、

 

フェアウェイセンターのナイスショット

がディボットに入っていたり、

 

OBではないが、ドライバーを少し曲げて

深いラフに打ち込んでしまい、

全員でボールを探したが、結局、ロストボール。

 

ショートホール、

手応えがあったショットが、突風に戻され、

バンカーに落とし、しかも目玉。

 

アプローチが良くて、ピンに寄ってくれるけれど、

短いパットが、まったく入らない。

f:id:t6911:20170111130837j:plain

 

そんな、何となく、ツイてない、ノレない日が確かにあります。

 

そんなとき、集中力を欠いて、プレーが雑になったり、

なげやりなゴルフになっていませんか?

 

あなたが目標にしていたスコアに

遠く及ばないと思ったときからのプレーで、

あなたの真価が問われます。

 

「捨てゴルフ」にしては、いけません。

せっかくのラウンドです、休みを取って、楽しみに

していたゴルフなのです。

 

スコアは、コースへの置き土産にして、あなたは

次回に繋がるお土産を持って帰りましょう

 

 残りホールは、ティーショットをフェアウェイキープを

狙うとか、

 

パターは必ず、オーバー目に打つとか

 

あえてバンカーに打ち込んで、バンカーショットの練習を

するとか  (もちろん、スロープレーや同伴者に迷惑を

掛けない程度ですよ)

 

たとえば、こういったことを、目標にすれば、

気持ちを切らさずに、プレーができます。

たとえ、数ホールでも、何か得るものがあるはずです。

 

スコアが悪いから、「今日は、練習ラウンドだ!」とか、

「どうせ、ゴルフは遊びだよ!」と、言ってる人は、

せっかくの貴重な休日のゴルフを、全くのムダにしてしまっている。

 

お金も、時間も、

 

そして、同伴者にも失礼です。

 

もったいないですよ、ゴルフは真剣にやるから

面白いのです。

 

そして、良いことも、悪いことも、

甘んじて受け入れる、

 

これもゴルフですからね。

 

www.tatsujin72.com