読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

パター名人の教え、パットはいい加減でいい。

スポンサーリンク

私の友人にパットの名人がいる

たとえ、入らなくても常に入りそうなパットを打つ。

 

羨ましいかぎりだ。

 

 

少しこすり上げるように、ボールを打つので

順回転がかかり、途中、カップに届かないと思っても

結果、しっかり届いている。

f:id:t6911:20161228161512j:plain

 

彼のすごいところは

彼のボールには、何の線も書いていない、

いわゆる、アライメントボールではないことだ。

 

ポンとボールを置き、一回だけ素振りをして

すぐ打ち出していく。

 

私も含めて、いまどきのゴルファーは、たいてい

初めから、ラインが書いてある市販のボールか、

もしくは、自分でマーカーを使ってラインを書いている。

 

それも、タテ、ヨコだ。確かにラインに対して

合わせやすいし、正確性がアップする気がする。

 

しゃがみこんで、一生懸命、自分の思ったラインに

キッチリ合わせようとする。

 

まるで、キッチリ合わせたら

もうカップに入るのは約束されたかのように。

 

しかし、それも良し悪しだ。 

あなたも経験あると思う、私も良くある。

 

 寸分違わず、パターをその線に直角に当てようとすることに

神経がいっていて、距離感がまったく合わないことがあることだ。

 

「ラインばっかり、気になっちゃって、打てなかったよ!」

あるでしょ、こう言ったこと。

 

人間は同時に二つのことを出来るほど、器用ではない。

 

こんな経験も、ないですか?

 

自分が決めたパットのラインにボールの線を合わせる。

それに合わせて、アドレスを取る、

これでよし! と一度カップを見る、

 アレ?  何か少しズレてる気がする。

 

でも、ちゃんと合わせたんだ、 マチガイない、 

打ってみる、・・・ア、ズレてる・・・入らない。

f:id:t6911:20161203193500j:plain

 

 

これは、ラインを合わせることだけに気を取られ

足の裏から感じ取れるはずの傾斜を

忘れてしまっている。

 

人間のもつすぐれた感覚を、無視してしまっている。

 

もったいない。

 

ラインを合わせて、カップに入るとすれば、

まっ平らで、ワンピンがせいぜいだろう。

 

傾斜がある場合、しゃがんで見るラインと

パターを構えたときに見るラインは、

違って見えて当然だ、

見る高さが違うからだ。

 

突き詰めれば、パットは入るか、入らないかの

どちらか。

 

だったら、もっと、アバウトに、

自分の持つ感覚を大事にして、

体が固くなる前に、気持ちよく

ストロークしてみたらどうだろう?

 

そう、パター名人の彼のように。

 

もう一度言っとくね、

自分が持ってる感覚を大事にしようね、って事。

 

チマチマと、時間を掛けて、ラインを合わせても

入らないんだったら、

 

《こんな感じかなー》で打ってみたらどうだろう?

 

この方が、余程、ストロークもスムーズで、

パットの感性が磨かれると

思うんだけど・・

 

あなたも、一度、試してみてはどうですか?

 

          合わせて読んで欲しい記事          

www.tatsujin72.com