読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

【波しぐれ三度笠】と達人は日本海を見ていた

スポンサーリンク

以前から知っていて、気になっていた。

 

一度、見に行かなきゃとずっと思っていた。

 

今日は休み、天気もまずまずだ、

よし、決めた、出かけてみよう。

 

 

鳥取から、日本海を右に見て車を走らせること

約1時間。

 

丁度、鳥取県の真ん中あたり

 

赤碕町の菊港 東突堤先端部にそれは建っていた

 

ここ菊港は、寛永年間に築かれ、千石船の寄港地であり

江戸時代には、藩米の積み出し港として、栄えた古い港です

 

 

      【波しぐれ三度笠】

f:id:t6911:20170105114726j:plain

世界的彫刻家で、作庭家、samurai artistといわれた、 

流政之作の、白御影石で作られた3体の石像が、

日本海に向かって立っています。

 

設置は1989年、 高さは4,33M、 

昔の旅姿を象徴しています。

 

平成7年には、鳥取県景観大賞に選ばれています

 

 

「三度笠」とは、顔を覆うほど深く作られた菅笠のことで

テレビや映画の時代劇で、渡世人が被っている印象が強いのですが、

元々は、江戸時代に江戸、京都、大坂などを毎月、

定期的に三度、往復した飛脚が被っていたことから、

この名が付いたそうです。

 

木枯らし紋次郎を思い出す・・ボクだけ?

 

f:id:t6911:20170105114818j:plain

 

 

実際、石像の横に立ってみると、デカい。

 

存在感に圧倒される。

 

今日の日本海は比較的穏やかだったが、荒れた海や

吹きつける風、降りしきる雪の日などは、また、違った

感慨を持つだろう。

 

潮の香りがする、

波があるのに、とても静かだ。

 

不思議な感覚だ。

 

 

象徴としている厳しい世間と

人生という旅を、見守っている姿は、

ミスマッチのようで、何故か、ミョーにしっくりする。

 

このセンス、すごい。

 

しばらく、ボクは、この渡世人と一緒に

遠くの海を眺めていた・・・