読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

あまりにいい天気なので、海を見に行って、タツローを聴いた

スポンサーリンク

 

こんな穏やかな年明けは、あまり経験がない

差し込む日差しは、春のように暖かい。

 

遠くに見える山々にも、雪はない。

 

窓を開けて、空気の入れ替えをする。

 

 

 

毎年、毎年、正月らしさが無くなっていくような、

今年は、特にそんな気がする。

 

 

家の中で、漫才を見ている場合じゃないと

フト、思った。

 

外に出よう

 

そうだ、海を見に行こう。

 

車を走らせた。

f:id:t6911:20170101132939j:plain

 

市内から、鳥取砂丘まで、約15分。

 

www.tatsujin72.com

 

 

短い「砂丘隧道」を、抜けると

目の前に大砂丘と日本海が見える

 

砂丘前の信号を左に折れる。

 

砂の美術館周辺には、数件、ドライブインや食堂、

カフェ、お土産やさんが立ち並んでいる。

 

ベンチに座った若い女のコたちが、

ソフトクリームを手にして、笑っていた。

 

その先の鳥取砂丘の駐車場には、元日とはいえ、

県外ナンバーの車でいっぱいだ。

 

その先、2,3分も走れば、左手に日本海が広がっている。

 

海岸ロード脇に車を止め、海辺に降りる。

f:id:t6911:20170101132851j:plain

 

風が心地よい。

 

しばらく眺めていた。

 

 

車に戻り、タツローの『風のコリドー』を流す。

 

やっぱり、いいな。

 

ピッタリだ。

 

でも、この季節に、聴くなんて思わなかった。

 

わずか、一週間前には、『クリスマスイブ』を

聴いてたのに。

 

 

そんなこと、海を見ながら、思っていた。

f:id:t6911:20170101132801j:plain

もう少し、車を走らせよう

 

遠回りして帰ろう。

 

もう少し、いい気分でいたい