達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

雨の砂丘とカレー・ボクは京都を思い出す

スポンサーリンク

たまには、気分を変えて、美味しそうな

写真を載せてみました。

 

カレーが無性に食べたくなって、出かけたのが

砂丘を一望できるゴルフ場のレストラン。

 

f:id:t6911:20161227121504j:plain

 出かけた日は,今にも雪に変わりそうな

冷たい雨模様。

 

大砂丘も、雨に煙ってイマイチ。

 

砂丘の向こうに広がる日本海

灰色の空と混じってしまって・・・

とても残念。

 

 

さて、このカレー・・結構有名なんですよ。

 

『蔵出しカレー』といって、

メニューの説明には、

≪自家焙煎した数種のカレー粉によるルーを低温熟成し、

元のルーに継ぎ足すことで、コクと深みのある味を

追求しました≫と,あります。

 

コクがあるけど、しつこくないし、

ホロホロの牛肉も美味しかったし、

 

大盛りにすればよかった。

 

 

以前、タレントのルー・大柴さんと昭英さんが、

旅番組の取材で訪れたり、歌手の水森かおりさんも

ここのカレーを食べていったそうです。

 

ルーさんと、カレーのルーをかけてるのかな?

f:id:t6911:20161227120259j:plain

 水森かおりさんは多分、『鳥取砂丘』という曲の

キャンペーンで、来られたのでしょう。

 

ちなみに、カレー消費量でいうと、鳥取

全国一だそうです。

 

つまり、都道府県民一人が

一年間に、何箱の

カレー・ルーを使っているかということ。

 

鳥取は、2,74箱、以下、茨城、埼玉が続き、

最下位はお隣の県の島根県の、1,54箱だそうです。

 

 2,74箱?

これで、多いのかな?

島根の最下位という言い方も、ちょっと変だけど。

 

共稼ぎが多い鳥取は、作り置きができるカレーが

多いというのも、納得ですが・・・

 

ちなみに、共稼ぎ率第一位が、山形県で、

以下、福井、島根、鳥取、新潟と続くそうです。

日本海側ばかり。

 

お隣、島根は、共稼ぎが多くて、カレー消費量は最低、

 

じゃあ、何食べてんだろ?

気になっちゃいます。

 

まあ、そのへんは『秘密のケンミンSHOW』にでも

任せることにして・・

 

 

まあ、ほとんどの人が、島根も鳥取

区別つかないんだから、どうでもいいか。

 

 

もう一つ、カレーの付け合わせには

無くてはならない、ラッキョウです。

f:id:t6911:20161227120216j:plain

 

その生産量も、鳥取は、鹿児島、宮崎と

並んで、3大産地の一つとくれば

もう、食べるしかありませんよね。

 

私は、高校を出て一年間、京都で浪人時代を

過ごしました。

 

一浪は、ヒトナミって、言われていた時代です。

古いはなし・・・

 

賄い付きの下宿に、お世話になっていたんです。

晩御飯付きの下宿です。

 

今時、賄い付きの下宿ってあるんだろうか?

 

そこで出された、週一回のカレーライス。

バシャバシャで、味も薄くて、今から思えば、

イマイチだったけど・・・若かったのかな?

よくお替りして食べたものです。

 

カレーを食べると、必ず、あの左京区の木造二階建て、

破れガラスの下宿を思い出す。

 

漠とした不安 ばかりの日々を思い出すのです。

 

ラジカセから、ギルバート・オサリバン

アローン・アゲイン』が、よく流れていた時代です。

 

 

あなたも思い出のカレー、ありますか?