達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

ゴルフに恋したセツナイせつない物語

スポンサーリンク

 

ありとあらゆるレッスン本を読んだ。

 

レッスンDVDも繰り返し見た。

 

家でも素振りをしたし、パターマットも買った。

 

アア、これなんだ、と思って練習場に行くと

 

さっぱりダメだったり、それでも根気よく

取り組めば、ときにウットリするくらいの

いい球がでたりする。

 

今日、優しい顔を見せてくれても

次の日は一転、ツレナイ表情をする。

 

コースに出れば、相変わらずのへなちょこ

スコアだし、どうしてだ? なんでなんだ?

帰りの車で自問自答の繰り返し。

 

 

ゴルフは自分に向いていない、と言って

辞めていく人がいるけど、

でも、それでも、

いったん、始めたことだ、

簡単にあきらめたくない。

 

やればやるほで、迷路に迷い込む

 

何をすればいいんだろう?

 

どうしたらいいいんだろう?

 

何をしたらいけないんだろう?

 

食事をしているときも

入浴しているときも

車を運転しているときも

トイレに入っているときも

 

いつもゴルフのことを考えている。

 

ベッドに入れば、目を閉じて、コースを

回っている自分がいる、

そんな時は、必ず、いいスコアなのに。

f:id:t6911:20161226215122j:plain

 

駅のホームで、傘を振り回したことはないけど

雨上がりの帰り道、人が見ていないことを

確認してから、素振りをしたこともある。

 

電柱と電柱の間を、これは◯◯歩だなと

考えたりする。

 

 

仕事中に、何げなく、手がゴルフのグリップに

なっていたこともある。

 

パソコンの壁紙も、カレンダーも

ゴルフ場の絵に替えた。

 

 

自分がコレだ!と、書き留めたチェックポイントは

常に上書き保存。

 

もう解ったと思っていたことが、

いつしか、また、顔をだしてくる。

 

やっぱり、基本だな、なんて当たり前のこと

言ってたりする。

 

振り回されるけれど、あまりの魅力的な

ゴルフに恋したセツナイ物語。

f:id:t6911:20161216142925j:plain

 

私も、こんな熱い時期がありました。

 

あなたも、こんな燃えた頃あったでしょ。

 

え、今、恋してる真っ最中ですって?

 

 

大変だけど、頑張って!

 

必ず、振り返ってくれます、

・・・あなたのゴルフの女神が。