達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

達人の憂鬱・日本アマはハナからムリ?

スポンサーリンク

 

西日本は、今夜から本降りの雨と、テレビの予報士が 

伝えている。

北海道は雪の予報だ。

 

こちらの新聞の週間天気予報では、

28日に、雪のマークが付いている。

 

 

いよいよ、

コースに出られなくなると思うと、

何ともいえない寂しさだ。

 

雪が降れば、当然、コースはクローズになる。

溶けるまで、プレー出来ない、

当たり前のこと。

 

途中、何日か、緩む日があって

雪が溶けはじめ、

ひょっとしたらゴルフできるんじゃない?って

期待すると、また、雪がふる。

毎年、こんな繰り返し。

 

やっと春になって、喜び勇んで、コースへ出ても

日陰は雪が残っていて、ビショビショだ。

 

 東京の学生時代、

鳥取は南の方だし、砂丘もあるし、雪は降らないんでしょ」と

よく言われた。

 

とんでもない、雪は降るし、夏は暑い。

f:id:t6911:20161225213926j:plain

 

 

いいなー、雪の降らない地域のゴルファーは。

 

こちらは少なくとも、3か月くらいはコースに出られない。

 

ハンディを少し貰わないとね、なんてワケのわからないこと

考えてた。

 

40肩、50肩は聞いたことあるけど、60肩ってのもあるのかな? 

左肩もなんだかピリッとするし・・・

何だかガッカリだ。

 

 

ひよっとしたら?  いや、絶対そうだ。

 

ここ10年の日本アマの優勝者の出身地を

調べてみた、

やっぱりだ。《内、1名は、韓国の選手》

北海道なし、東北なし、日本海側なし。

 

やっぱりな。

 

雪が降らないということは、外に出るのも

そんなに億劫じゃないってことだ。

練習にも、楽勝行けるよね。

 

 

トーナメント開催も、圧倒的に太平洋側が多いし、

それだけ、いいプレーを見ることができる。

それだけ、刺激をうける機会があるということだ。

 

刺激は上達の大事なモチベーションになる。

 

やっぱり、スポーツは環境が大事です。

 

 ヒガンでばかりいても、仕方ない。

この地域だから、春に向けて、足腰の鍛錬のため

スキーでも行けばいいんだろうけど・・

 

そういえば、以前、倉本昌弘や芹沢信雄とか

石川遼くんもやってたと聞いたし、

実際、今でも、やってるんだろうか?

f:id:t6911:20161225213951j:plain

 

でも・・遠いし、準備が要るし、やっぱり面倒くさい。

 

スキー場もまだ雪が無いらしいし・・

 

大体、スキーなんて、子供の時以来、やってないし

骨でも折ったら、ゴルフなんて話じゃないし・・

 

高校とかの、野球やサッカーは、だいぶ、地域差が

なくなってきたというけれど、

ゴルフはやはり難しいのかな?

 

何といっても、実戦の場がないんじゃね、

 

高校のクラブみたいにマイクロバスで、

県外遠征にしょっちゅう行けるわけじゃないし。

 

高校の相撲で、東北や、日本海側に強豪校が多いのも

何となくうなずける。

 

室内競技だからね。

 

 

まあ、一生かかっても、日本アマに出られるワケないから、

どうでもいいんだけど。

 

泣き出しそうな灰色の空を見ながら、

こんな取り留めのないこと

考えてました。

 

あ、もう一つ、思い出した、

鳥取」という字を、「取鳥」と書く奴多かったな。

 

これから練習いきます。

 

www.tatsujin72.com