読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

グローブはどっち派、天然?、それとも合成?

スポンサーリンク

先日、キャディーバッグの中身を整理しようと、フト,思い立ち、

ポケットの中を探ったら、手の形そのままで、カチカチになった

グローブが出てきました。   「しまったー!」

 

あの雨の日のゴルフです・・

 

 

私は普段、天然皮革のグローブを付けていますが、

その日、かなりの雨で、どうも手元が滑る気がして、

途中で、合成皮革のグローブに替えたんです。

そうです! 思い出しました。

 

雨の日のゴルフは、多めのグローブが必要ですね。

 

ところで、あなたはどんなグローブで

プレーしているのでしょうか?

 

 私がゴルフを始めた頃は、安価な合成皮革のグローブを

使っていました。

真っ黒で、穴が空くまで使ったものです。

 

グリップを強く握りすぎていたり、そもそもスイングが悪かったので、

傷みも速かったのでしょう、

グローブしてても、マメが出来まくってましたから。

 

いつ頃から、使いだしたのだろう、天然皮革のグローブ?

f:id:t6911:20161222131036j:plain

 

天然皮革のグローブは、雨の日や夏の汗には、すぐヌルットして、

閉口したものの、付けてみたときのその薄さや、

吸いつくようなしっとり感は、そんな弱点を忘れさせるくらい

魅力的でした。

 

自分がすこし上質なゴルファーになった気がしたものです。

 

それまで、使っていた合成皮革は、ゴワゴワして、

もっと生地が厚かった気がします。

現在は、加工技術の進歩で、合成皮革のものも

薄くなり、雨や汗にも強く、通気性も申し分なく

フィット感は天然のものと変わらないそうです。

 

私は、グローブにしっとり感とフィット感を求めて、

ちょっとキツメのものを、はめる様にしています。

 

グリップを強く握らなくても、手の中でクラブは

暴れないし、そうすれば、クラブ操作も自在になりますからね。

ヘッドスピードも上がります。

 

 

話は少しそれますが・・・

天然皮革のグローブのパッケージに、よく書いてある

【エチオピアシープ】って、何なの?と思い、調べてみました

 

アフリカ東部のエチオピアの高原地帯に生息する羊は

しなやかで、しかも、大変丈夫で、皮革製品にするには、

世界最高峰の品質だそうです。

 

もっと大事に使わなければいけませんね、

バッグの中に、ホッタラカシはいけません。 反省。

 

プロが《セカンドショットをグリーンに乗せ(ミドルホールの場合ですよ)

スパッとグローブを外し、パターを手に取って、グリーンに向かう》

f:id:t6911:20161222201037j:plain

 

流れがいいですよね。  カッコいい。

私? 出来たくても、出来ません。 乗らないから。

 

パットのとき、グローブを外す人、あなたのそばにもいませんか?

さあ、ヤルゾ!って感じで。  私は、何だか、気恥ずかしい。

 

以前、私も、真似てみようと、グローブを外し、右尻ポケットに入れて

パットをしてみました・・・(もちろん、入りません)。

 

次のホール、グローブをはめようと、ポケットを探ったら

ありません。 どっかに、落っことしたんです。

慣れないこと、したらいけませんね。

 

手入れも簡単そうだし、値段も手頃だし、

今度、合成皮革のグローブ、見にいこうかな。