達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

ラウンド前の練習はこれでいい!

スポンサーリンク

ラウンド前に、練習場に行くって人、多いんじゃないですか?

もちろん、私もその一人です。

その日はきまって、早く目が醒めるんです、嬉しいし、天気も気になるし、

そうです、年取ってるからです・・

 

練習場に行ってみると、います、います、

ラウンド前の練習に来てる人、ウェアから、もう気合が入ってるから

一目で分かります。

アプローチから始まって、ショートアイアン、ミドルアイアン、

フェアウェイウッド、そしてドライバー、まんべんなく打ってる人。

 

どうしても気になるんでしょうね、首を傾げながらドライバーばかり

打ってる人もいます。

同じところから、何発も打ちますから、そのうちいい球を

打てるでしょうが、これはあまり意味がありません。

 

なぜって? ここは練習場だからです。

 

久しぶりのラウンド前にいくら打ち込んでも

急にショットの質が上がるワケではありません。

練習場で納得いっても、コースでいきなりOBなんてこともあります

そんなことになったら、もう大ショックで、目も当てられません。

 

その日、一日中、スイングのことが気になって、ゲームに

集中できないでしょう。

f:id:t6911:20161220200748j:plain

 

私のラウンド前の練習は、最初にドライバーを持ちます、

それは、コースで、一番初めに打つクラブだからです。

目一杯じゃなく、70~80%くらいの力加減で

真ん中のポールをターゲットにして打ちます。

 

曲がりが少なかったら、OK、もうドライバーは終了です。

いいイメージで、コースへ向かう事ができます。

 

もし、曲がりが大きければ、数発打って、曲がりの傾向を

確認して終わり。今日はスライス系、今日はフック系かなと

自覚しておけば、コースでもそんなに大きな失敗は

しないものです。そこで、ムリして、修正なんかはしません。

そんなことしたら、コースでは、どっちにいくか分かりませんから。

一日、その球筋と上手に付き合うことです。

 

たまのラウンドで、そこに調子のピークを持っていこうなんて

ムシが良すぎるのです。

日によって体調も違いますし、精神状態も違います。

今日は、こういう日だなって思い、ニュートラルな気分で

コースと向き合うのです。

 

練習するなら、ラウンド後の方が、よっぽど効果的です

 

ゴルフを仕事にしているプロだって、

4日間、好調を持続させることは、難しいでしょう。

1日だけの、競技であれば、もっと多くの名前が優勝カップに

刻まれるはずですから。

 

朝は、ストレッチと打球感覚を取り戻す程度の練習で

充分です。くれぐれも、練習場で打ち過ぎてガス欠に

ならないように!

f:id:t6911:20161203193500j:plain

 

また、コースの練習グリーンでは、たいていの人が3球くらい

並べて、同じところから、カップに向かって打っていますが、

これも、いい練習とはいえません。

➡1球目、カップに全然届かない

➡2球目、カップを大きくオーバー

➡3球目はそうです、当然カップに寄っていきますよね。

それは、ただ、3球で修正できたというべきで、

距離感が合ったとはならないのです。

 

練習するなら、1球だけの練習です、そのほうが

集中しますし、余程、実戦向きです。少し遠目にボールを置き

必ず、カップに二回で入れる練習をしましょう。

 

ドライバーだけで、スコアを縮めることは出来ませんが

パターでは、それが可能です。

 

ギリギリまで、練習場で打つより

早めにコースに着いて、練習グリーンに向かった方が

いいかも知れませんよ。