達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

ゴルフを始めた女性ゴルファーのために

スポンサーリンク

 

練習場で、熱心にボールを打っている女性を

時折、見かけます。

始めたばかりの人でしょう。

ダフリ、トップ、ときどき、空振り、なかなか当たりません。

早く、いい当たりが出る様になり、ゴルフが楽しいと

思ってくれればいいのですが・・

 

女性の場合、まず、振る力が足りないように見えます。

当然といえば当然です。男性と違って、

たいていの女性は腕を振るという行為、動作を

あまりしたことがないからです。

 

女子プロの中に、ソフトボール経験者や小さいころに

テニスとかバレーボールをやっていた人が多いというのも

何となく、頷けます。

 

ゴルフには、身に付けなければいけない基本が、たくさん

ありますが、まず、振る筋力をつける事が、先の

ような気がします。いろいろ、最初に詰め込むと、

混乱するだけで、楽しくないですからね。

 

 家でも、少し重いなと感じる程度の棒状のものがあれば

それを振ったり、壁に向かって腕立てでもいいし

ペットボトルに水を入れてダンベル代わりに使うとか

工夫すれば、筋力強化はいくらでも可能ですし

練習場なら、連続してボールを打つんじゃなく

5回くらいしっかり素振りをしてから、

1球ボールを打つ、といった風にしたほうがいいでしょう、

そのほうが、経済的です。

 

 力が有りすぎて、手が主導になりがちな男性より

ある程度、筋力がつけば、女性の方が、バランスの良い、

素直なスイングが身に付き、上達も早いのではないでしょうか。

f:id:t6911:20161216210955j:plain

 

そして、練習場において、アイアンを打つ場合、必ず

ティーアップして打ちましょう。

 

アイアンは、上から打ち込むことで、その機能を発揮できますが、

女性の場合、腕、手首の強さが頼りないために、

打ち込むことに恐怖心があるんじゃないでしょうか?

いきなりはムリなので、そのために、ティーアップするのです。

 

大きなスイングは要りません、ハーフスイングです。

 

最初は、2センチくらいの高さで球を打ちましょう、

この練習をしばらく続けてください。

芯に当たれば、手に残る感触は以外と軽く、

結構、遠くへ飛ぶことを体感して下さい。

 

その高さで打てるようになったら、徐々に低く

していきます。ほぼ、マット(地面)と同じくらいの

高さで、打てるようになったときは、かなり、振る筋力も

付いてきたことを、実感できると思います。

 

グリップについての私見ですが、一般の女性ゴルファーは

ベースボールグリップが、合っているんじゃないでしょうか?

両手を重ねないで、10本の指、全部で握るグリップです。

グリップのなかでは、一番、力を入れられる握り方です。

一度、試してみる価値はあると思います。

 

そして、練習場に持ち込むクラブは、ドライバー、7番ウッド、

7番アイアン、ピッチングウェッジの4本くらいでいいでしょう。

これで、十分です。

女性は、そのなかのピッチングウェッジと7番ウッドが

コースで使う頻度が特に高いと、私は思っています。

集中的に練習すれば、それだけ、手に馴染みますし、

好きなクラブになるものです。そうなったらシメタもので

コースでは、しっかり仕事をしてくれる、手放せないクラブ

になるでしょう。

7番ウッドも、アイアンと同じように、ティーアップして

徐々に低くしていく練習です。

 

とにかく、ポーンと当てて、前へ飛ばす楽しさを知ること、

すべてはそれからです。

 

そして、時々は、ドライバーを打って、ストレス解消(?)

しましょうね。

 

ゴルフは、練習しても、なかなか報われないスポーツですが、

それでも、練習しないと絶対上手くならないスポーツです。

 

 

コツコツと練習・・・真面目で、一途な貴女にピッタリじゃないですか?

 

 

素敵なウェアで、コースデビュー出来る日を祈っています。