達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

飛ばし屋の彼に感謝・・達人の県選手権

スポンサーリンク

 

11年前、県選手権に出場した時の話。

私はインスタートの10組に組み込まれました。

4人とも、所属倶楽部も違いますし、皆、初対面でした。

 

《この人、どんなゴルフをするんだろう?》って

皆それぞれ、思っているに違いありません。

 

 スタート前は、皆、こんなこと言ってます、

「最近、調子わるくて!」

「お手柔らかに!」

「ご迷惑掛けますけど!」

「飛ばされるんでしょうね!」

「上手そうな人ばっかりで、場違いなとこ来ちゃったな!」

 

謙虚さを装いながら、それとなく、探りを入れてる感じですね。

言い訳もとりあえず、早めにしときます。

 

いろんな思いを胸に秘めて、

さあ、スタートです・・

f:id:t6911:20161203082218j:plain

 

驚きました。あんなに落ちてこない球を初めて見ました。

私の組に本当にいたんです、正真正銘の飛ばし屋が!

 

ドライバーの飛距離は、私より、40~50ヤードは、

いってたでしょう。こんなに置いてかれた経験は、初めてでした。

 

圧巻は、210ヤードのショートホールでした、

私は、5番ウッドで、まずまずの当たりだったけど、ショート、

その飛ばし屋は、なんと、6番アイアンで、グリーンオンさせたのです。

 

私のちっぽけな自信も、これで、完全に吹っ飛びました。

 

彼は、30代後半、細身、長身で、高校まで野球やってたそうです。

 

 「飛ばしますねー」と、私、

「いやいや、飛んでもスコアがねー」と、彼。

私は続けました、

「そんなことないでしょ、それだけ飛んだら楽でしょ?」

「イヤ、イヤ」、彼がニヤッと笑いました。

 

私は、その時、負けられないと思いました。

飛距離じゃないですよ、スコアでです。

 

《ヘッドスピードが速いから、その分スピン量もすごいはず、

曲がるときは半端ないだろう。》

 

《他の人よりずいぶん前に飛ばしたぶん、それだけ、グリーンには

絶対乗せなきゃと、プレッシャーがかかるはず。》

 

それからは、彼のショットを見ないようにしました。

f:id:t6911:20161213052339j:plain

 

逆に、あれだけの飛距離の差が、良かったのかもしれません。

どれだけ振っても、追いつけないんですから、

あきらめもつきました。

 

それからは、ひたすら曲げないゴルフに徹しました・・

 

その後、彼は、3回のOBを打ち、トータルスコアは85、

私は84.

 

飛ぶってことは、アドバンテージだけど、

常に危険もはらんでいるということ。飛ばなくたって

勝負できることも実感できました。

 

何か、少し、理由のつかない寂しさを

感じたけれど。

 

 

その日から、私のゴルフは変わりました。

 

自分は飛ばせるゴルファーではないんだ、

それなら、アイアンの正確さとアプローチで

勝負できるゴルファーになろうと。

 

4年後、その飛ばし屋の彼は、県選手権で初優勝を

飾りました。

 

今はもう、私の追いつけないとこまで、いってしまったけれど、

あの日、勝ったのは、確かに、この私でした。